2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 1998年8月 | トップページ | 1998年10月 »

1998年9月

1998/09/22

テングコウモリ

Tengukomori

Murina leucogaster Milne-Edwards, 1872
(ニホンテングコウモリ M. l. hilgendorfi)
環境庁レッドリスト 絶滅危惧II類
兵庫県版レッドデータブック 要注目

22 Sep.1998
兵庫県出石郡但東町相田ミノコ

家の中に入り込んできたテングコウモリです。家に来たからアブラコウモリだろうと思っていたら、テングコウモリでした。
テングコウモリは、樹洞性のコウモリで、兵庫県レッドデータブックでは、アブラコウモリ以外は要注目種ということで、テングコウモリも要注目種です。
僕も捕まえたのですが、取り逃がし、結局、ネコがしとめておいてくれました。この22日は台風の来た日。台風だから安全なところにと、家に入ったのかもしれません。

1998/09/20

タカハヤ

Takahaya2

近くの寺谷の堰堤に釣りに行きました。一般に雑魚といわれているタカハヤ釣りです。しかし、から揚げにすると、子どもが好んで食べるので、最近は、釣りというより晩ごはんのおかずの調達という色彩が濃くなっています。

Takahaya
Moroco Jouyi (Jordan et Snyder)
20 Sep.1998
兵庫県出石郡但東町相田寺谷

で、タカハヤです。
近縁のアブラハヤに比べると、全体的に色が濃く、とくにおなかの方まで黒い点が回っていることとや、しっぽが太いこと、全体にずんぐりしているなどで見分けられます。円山川では、一部、アブラハヤも見つかっているそうですが、いちおう、兵庫県では、日本海側がタカハヤ、瀬戸内がアブラハヤというのが原則のようです。しかし、アブラハヤの分布の西限にあたり興味のあるところです。

1998/09/19

ニホンザラハリガネムシ

Hariganemushi

Chordodes japonensis Inoue
19 Sep.1998
兵庫県出石郡但東町相田ミノコ

家の中で、ハリガネムシが単体でのたうっていました。普通、カマキリのおしりから出てくるのとかは見掛けますが、単体でいると一体何物だと思います。家の中でネコの餌食になったカマキリから出てきたのでしょう。
ハリガネムシの生活環ですが、カマキリのおなかにいるのは一応「幼虫」で、秋にカマキリから脱出、水中で越冬、春に産卵ということです。

« 1998年8月 | トップページ | 1998年10月 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense