2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« ドウダンツツジ | トップページ | ホームページだいぶできてきました »

2004/03/02

千々石ミゲルの墓発見

いきなりなネタです。

千々石ミゲルの墓石発見 没年記され、謎の晩年に光

天正遣欧使節というか少年使節団の一員千々石ミゲルの墓が発見されたという。少年使節団といえば、伊東マンショ、中浦ジュリアン、千々石ミゲル、原マチルノの4人である。けっこう濃い名前である。ジャニーズ系のようにも見えないでもない。ま、ジャニーズ系というよりフォーリーブス系か。城みちるも頭にちらつく。

鳴り物入りで、ヨーロッパまで行ってグレゴリオ13世に拝謁(1585)したが、帰って来たら禁教令がでてましたという、かなりかわいそうな人たちである。千々石ミゲルは、この4人のうちただ1人棄教して結婚している(1606)。今回見つかったのはミゲル夫妻の墓ということで、没年は1632年であろうとのことだ。

ミゲル以外の没年は、伊東マンショ長崎で1612、原マチルノマカオで1629の2人がわかっているのみで、ミゲルとジュリアンの没年はわかっていなかった。

原マチルノがマカオで死んでいるのは、追放されたからということで、ミゲル以外の3人は、棄教しなかったゆえに、つらい人生を送ったものと思われるが、ミゲルは棄教しただけに安楽な人生を送ったようなイメージだ。墓は長崎県多良見町で見つかったとのtこと。

« ドウダンツツジ | トップページ | ホームページだいぶできてきました »

漂流民」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千々石ミゲルの墓発見:

« ドウダンツツジ | トップページ | ホームページだいぶできてきました »

他のアカウント

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense