2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 今月の月刊むし(5月号) | トップページ | タゴガエルのオタマジャクシ »

2004/04/22

一二峠(ほいとうげ)のブナ折れる


美方町と村岡町の町境にある一二峠(ほいとうげ)のブナの木の2つの幹のうちの1本が倒れた。「ホイ」という掛け声と「一二の三」という掛け声をかけているのだろうか、「一二」とかいて「ほい」と読む。民の無難を記念して植えられたブナ(無難とかけてある)の木ということで、人々に峠の無難の木として親しまれてきた。
折れているところを見ると、2つの幹が分かれているところの中がうろになっていて、ほぼ皮一枚でもっていたようなもので、いつ倒れてもおかしくない状態であったようだ。
うろの内部が剥き出しになってしまったので、ここを塞ぐ治療をしてやらないと、残った幹のほうもやばい。

« 今月の月刊むし(5月号) | トップページ | タゴガエルのオタマジャクシ »

森林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/479602

この記事へのトラックバック一覧です: 一二峠(ほいとうげ)のブナ折れる:

« 今月の月刊むし(5月号) | トップページ | タゴガエルのオタマジャクシ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense