2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« きょうの映画―俺たちに明日はない | トップページ | ヤマボウシ »

2004/05/19

カンアオイについて(その2)

きょう、カンアオイについて詳しい人にいろいろと教えてもらったので、メモしておく。

兵庫県では、山陰側には、ランヨウカンアオイAsarum blumei の1変種(?)のサンインカンアオイ(学名はわからない)が、瀬戸内側には、ミヤコカンアオイA. asperum が、淡路島にはナンカイアオイA. nankaiense が分布するとのことだ。したがって、うちの周辺にあるのは、種で言えばランヨウカンアオイ、そのうちのサンインカンアオイということになる。

サンインカンアオイの分布域のギフチョウは、ミヤコカンアオイを食べないというようなこともあるようだ。

カンアオイ属は、種の分け方や品種の扱いなどに諸説あるようで、サンインカンアオイという名称も、正式には使われないことが多いとのことである。

植物はとりあえず種で把握すべきだ(いたずらに亜種や品種まで覚えたり教えたりすべきではない)という意見もあり、とりあえずは今まで写真で紹介したものは、「ランヨウカンアオイ Asarum blumei 」だということにしたい。

« きょうの映画―俺たちに明日はない | トップページ | ヤマボウシ »

森林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/618505

この記事へのトラックバック一覧です: カンアオイについて(その2):

« きょうの映画―俺たちに明日はない | トップページ | ヤマボウシ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense