2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« きょうの古本―日本滞在日記 | トップページ | きょうの映画―俺たちに明日はない »

2004/05/17

キプロス・ラリーが終わって

WRCキプロス・ラリーが終わった。グロンホルムが勝ったが、やっと実力が発揮できたといってよかろう。ここしばらくクルマの調子に泣かされ過ぎだっただけだ。

で、今回、いちばん思ったのは、三菱の暗さだ。リタイアもするだろう。2台同時にリタイアすることもあろう。とくに過酷といわれているキプロスラリーだ。ここのところまったくダメなのも、今年はマシンを仕上げる年ともともとわりきっていたじゃないか。

そうではなく、このラリーで全く振るわないことと、三菱自動車の今の状況とが重なって実に重苦しい気分になってしまう。ついつい、ラリーなんかやってる場合なのと思ってしまうのだ。

ソルベルグが残念だったのも確かだが、今回はこの三菱の暗さがのしかかってくるラリーだったように思う。

« きょうの古本―日本滞在日記 | トップページ | きょうの映画―俺たちに明日はない »

WRC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/610297

この記事へのトラックバック一覧です: キプロス・ラリーが終わって:

« きょうの古本―日本滞在日記 | トップページ | きょうの映画―俺たちに明日はない »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense