2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月

2004/06/29

きょうの古本(「環海異聞」)

例によって出張で神戸に行って古本を買ってきた。今回は、掘り出し物だ。

池田晧(訳). 1989. 「環海異聞」. 雄松堂出版
新品時6,000円(税抜き)を1,800円で入手。若干、日焼けが激しいのと、図書館で使うような粘着性ビニールカバーをはがした跡があるが、ま、本としてはあまり問題がない。
「環海異聞」とは、18世紀末にロシアに漂着し、世界1週の航海を体験したあと、長崎にて返された津太夫ら一行の漂流記+見聞録だ。津太夫の漂流記は吉村昭「漂流記の魅力」(岩波新書)などでも紹介されているが、原典というところが面白い。ただ、訳本というのはちょっと中途半端かもしれないが、別に大学で研究するわけでもないので、コレで十分だ。
しかし、新品時価格6,000円というのはちょっと高すぎないか。

環海異聞 海外渡航記叢書(2)(amazon)

きのうの事故、新聞に載る

きのうの事故が、少なくとも神戸新聞に載った。神戸新聞では、事故の原因について一切触れられていないため、バス側の責任負担がどの程度なのかまったくわからない記事となっている。きのうの書き込みのとおり、きのうの事故は相手車が対抗車線に高速ではみ出してくるというまったくの貰い事故だったので、この記事ではバスの業者「みらい観光」がかわいそうだ。
運転手の責任感も強く、会社としての対応も万全で、私としては「みらい観光」に好感を持っている。

隣保の旅行で事故

隣保の旅行で観光バスで三重県方面へ行ってきたが、帰りに福知山で事故に会い(ま、典型的なもらい事故だったが)、散々な旅行であった。

相手の方が亡くなるという最悪の事態となったが、こちら側は軽傷程度で済んだのは不幸中の幸いか。事故後のバスの運転手の責任感あふれる態度には好感が持てたが、私としては、まだまだ心の整理のつけようがないというか、ショックから立ち直っていない状況。

観光バス衝突、1人死亡 京都の国道、9人軽傷(共同通信)
観光バス衝突、1人死亡 京都の国道、9人軽傷(河北新報)

2004/06/26

奥矢根銀山跡

但東町奥矢根の銀山跡に行った。大正時代にはたくさんの人を雇って掘っていたらしいが、今は、

というのが掘った跡なのかなというのと、

このボタ山くらいしかない。ボタ山には、鉱山特有の鉱物の粒の粗い花崗岩系のものがたくさんあって石英の大きめのやつ(水晶)がよく見つかる。今日は、下の子と雨の中、水晶探しに行ったのであった。

そして、ボタ山の水溜りにこんなものが。

これってなんなんでしょうか。寒天質で、その中でなにかが螺旋巻いてますが。まったくわからない。

奥矢根銀山位置図


アカネズミ(たぶん)


また、例によってネコのお土産だ。体長も尾長も測らなかったので、ぜったいにアカネズミかと聞かれるとちょっと自身がない。ということで、ま、野ねずみの1種ということで。

2004/06/24

ヤマナメクジ

Meghimatium fruhstorferi

夕方から雨になって、むしむしするし、こうゆう時は、虫もたくさん飛ぶし、こういうやつだって出てくる。
今晩、私の帰宅を玄関先で出迎えてくれたやつはこいつだ。ヤマナメクジ。
でかい。ほとんど、それだけのやつだ。剪定バサミの二回り小さい程度だ。森林には普通。我が家の庭にも普通。やはり、うちはヤマなんだなぁ。

2004/06/22

今月の月刊むし(2004.7)

またまた、月刊むしが大特集を組んだ。ことし4月2日に逝去された白水隆(しろうずたかし)先生の特集だ。追悼や思い出の記事が12本。

私自身、どちらかといえば甲虫屋で、蝶中心に活躍された白水先生とは書物などを通じてもあまり接点はなかったのではあるが、農学部で純粋に昆虫をやっているというその特異性については素朴に「なんで」という気はしていた。そして、そのことが実際のところ、中傷を受けたりして大変なことだったようで、ほんとうに好きなことに打ち込んでいらっしゃったのだなと感心した。

その白水先生の人柄ややさしさ、人間性が非常によくわかる特集である。おそらく月刊むしで、このような追悼の特集が組まれたのは初めてではないか。

年間レビュー、400号記念特集、白水先生追悼特集とふだんとちがう構成が続いた月刊むしだが、来月はふつうにもどるかな。

2004/06/21

「但馬の家はたじまだら家で、建てましょう。」


但馬地域の木造住宅ビルダーの横のつながりである但馬木造住宅振興協議会が「但馬の家はたじまだら家で、建てましょう。」というパンフレットを作った。ちなみに、「たじまだら家」は「たじまだらけ」と読む。全16ページもあり、但馬地域内の木造住宅の作例や、但馬の風土にあった家のポイント紹介をはじめ、但馬木造住宅振興協議会参画25業者の紹介など、但馬で木造住宅を建てようと考えておられる方なら、ぜひとも手元に置きたい1冊である。

ご希望の方は、私までメールをください。egf@nifty.com

たじまだら家(但馬木造住宅振興協議会)HP

2004/06/20

SWRT Tシャツをゲット

SUBARUのディーラーにWRCのチラシ(新聞のようなもの)もらいに行ったついでに「SUBARUみんなで試乗キャンペーン」でレガシィに試乗させてもらったご褒美にSWRTのTシャツを貰った。こういうキャンペーン用のTシャツにしてはしっかりしたもので、うちの下の子(小6)が試着したところまあ許せるサイズ(たぶんMサイズ)だったので、下の子のものとなった。

SUBARUオフィシャルWEBサイト

ヤマトマダニ

ダニの対抗策について教えて欲しいとメールを頂きました。写真はヤマトマダニ Ixodes ovatus 。私のわき腹について血を吸ってでかくなった状態です。

野外で人間にくらいつくのはこのマダニの類で、ほかに赤くて小さなダニもいますが、こちらはハダニの類で、ハダニは植物食で人間にくらいつくことはありません。

対抗策としては、長袖、長ズボンを着用し首にタオルをまき、帽子をかぶり、長靴(べろ付き)や地下足袋などをはき、・・・・・。とにかく、入り込む余地を与えないことにつきます。これで、ほとんど大丈夫でしょう。あとは、山での作業が済んだら風呂やシャワーで流し、そのときに体についていないかよく点検することです。

このようなことで、私の場合、生まれてこの方、2回しか取り付かれたことはありません。

ダニは、草木の葉の裏などで、動物が近づくのをひたすら待っていて、体温や二酸化炭素に反応して、つくようです。兵庫県北部では、シカなどの増加により、ダニも増加傾向にあるようですが、これについてはきちんとした調査はないようです。

ダニよりも深刻なのは、ヤマビルで、兵庫県の南但馬ではかなり増えている所もあるようですが、いまのところ但東町は大丈夫です。こちらは、ちょっとした隙間にはいくらでも入り込んでくるので、ヒルの忌避剤とかも販売されています。(よく効くのかいわれると、これを使っていてヒルに付かれたこともあるので、なんともいえません)

ヒルがふえたのもシカのせいだといわれています。シカが増えるのもほんとうに困ったもんです。

チュウガタコガネグモ

Argiope boesenbergi

家の子供部屋の外壁のところに巣を張っているチュウガタコガネグモだ。コガネグモの仲間だが、少し小ぶりで模様が違う。網についているジグザグ模様はかくれ帯といって、これによって自身を目立たないようしているらしいが、これがあるため巣はよく見える。

内の家の周りの大型のクモは、ほとんどこれだ。ま、家の中にはコアシダカグモがいますが。

オレゴン フレキシブレード

きのう、林業機械の展示販売会の会場で、いわゆるナイロンカッターのコードの新しいのがあるということで、買ってしまったのがこれ。オレゴン フレキシブレードという。オレゴンといえば、チェーンソーのソーチェーンをほぼ独占的に販売しているメーカーだ。いかにも切れそうだ。

で、拡大写真がこれ。コードの両面にぎざぎざが付いている。見た目もいかにもよく切れそうなのだが、まだ使っていないのでなんとも言えない。また、使ったら感想を書きます。

2004/06/19

間伐をした

裏山の間伐をした。樹を伐るには決していい季節ではないが、とりあえずひまがあったらいつでもいいからやらねばならぬ。

雪で曲がったやつとかを中心に10本ほど切った。切るだけでなく担ぎ出すのでたいへんだ。これが、1日の仕事の成果。ま、休み休みだし、ほんとの担ぎ出しだし、こんなもんでしょう。

午後一番にチェーンソーのエンジンが掛からなくなったが、たまたま役場の近くで、林業機械やの展示販売会(修理もします)があったので、持ち込んで直してもらった。

ということで、ビールがうまい夕方を迎えている所。

2004/06/15

ルマンに日の丸

先週末はルマン24時間耐久レースであった。CS110°で8時間ほど中継があって見たが、日本のチーム郷が総合優勝(車はアウディ)した。表彰式では、日の丸が上がり君が代が流れた。ま、「ふーん、ルマンでもそういうことするんだ」という感じがしたが、そういえば、今年は日の丸、君が代の年だ。オリンピックである。オリンピックのときは、みんなが右翼になったみたいに、日の丸、君が代をよろこんでいるように見える。

ま、それはそれとして、われらがコリン・マクレーだ。GTS部門のフェラーリ550の65番で出ていた。マクレーがコースアウトして、GTS部門でもトップから数周遅れでゴールしていたようだ。ところで、パリダカとルマンの入った「コリン・マクレー・ラリー5」が出たら買います?DTMも入ったら買うかも(笑)。

2004/06/13

シュールな組み合わせ

家のパソコンのうち、ルーター代わりに使っているやつが動かなくなり、しばらく、家からインターネットができなくなっていましたが、先ほど復旧。

さて、この「ココログ」は、アクセス解析でどのようなキーワードで検索してきた人が見てくれたかを調べることができます。これは、単語とフレーズと表示できますが、フレーズ表示させると結構とんでもない組み合わせに出会うことがあります。

「ペット 献血」
最高にすごいけど、献血会場にペットを持ち込めるかどうかなんだろうな。それだと、そうたいしたこともない。

「シュレーゲルアオガエル 価格」
シュレーゲルアオガエルって売っているのだろうか。少なくとも買いたいようだ。

「タニウツギ 通販」
タニウツギもほしい人がいる。

ほかにも面白いのがあったように思いますが、忘れちゃいました。ま、たいしたことなかったのだろう。あと、「ドラクエ パソコン」っていうのも結構ある。パソコンでドラクエやりたい人も多いようだ。

2004/06/07

ジネズミ

Crocidura dsinezumi 兵庫県レッドデータブック 要注目種

親ネコが子猫の狩猟の教材としてもって帰って来たジネズミである。
「ネズミ」という字がつくが、ネズミの仲間ではなく、モグラの仲間である。ネズミの仲間は基本的に植物食であるが、コイツはモグラの仲間なので肉食(ミミズやらムシやらを食べる)であるというところが根本的に違う点だ。モグラやヒミズは時々、のたれ死んでいるが、ジネズミはネコでも飼っていないとめったにお目にかかれるものではないようだ。

ということで、あまり一般の方にはなじみのない動物かもしれませんが、ピーターラビットには、鼻のとがったこのキャラがよく出てくるように思います。

2004/06/05

ゲンジボタル

今夕、下の子と近くの川にゲンジボタルを見に行ってきた。今が見ごろでたくさんのゲンジボタルが飛んでいた。見に来ている人もかなりいた。デジカメで飛翔状況の写真に挑戦してみたのがこれ。自分の中で方法諭が確立していないので、なかなか上手く行かなかった。デジカメの感度を上げすぎたので汚い写真になってしまった。もう少し、感度を落として取ったほうが良さそうである。

そして、これがゲンジボタルの証拠写真。子どもが捕まえたもの。

2004/06/03

ニホンザル

Macaca fuscata

城崎町上山で。城崎の来日、上山地区といえばサル被害のメッカであり、にっくきやつらであろう。したがって、写真撮影後、石を投げておいた。もっとも、ご覧のようにターマック(舗装路面)なので、石はあまりなかったが。

こんなに見通しのよい路上で、排便をしていた。優雅なものである。目視できただけも15頭程度で、それの倍以上の群れであったと思う。

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense