2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 今月の月刊むし(2004.7) | トップページ | アカネズミ(たぶん) »

2004/06/24

ヤマナメクジ

Meghimatium fruhstorferi

夕方から雨になって、むしむしするし、こうゆう時は、虫もたくさん飛ぶし、こういうやつだって出てくる。
今晩、私の帰宅を玄関先で出迎えてくれたやつはこいつだ。ヤマナメクジ。
でかい。ほとんど、それだけのやつだ。剪定バサミの二回り小さい程度だ。森林には普通。我が家の庭にも普通。やはり、うちはヤマなんだなぁ。

« 今月の月刊むし(2004.7) | トップページ | アカネズミ(たぶん) »

森林」カテゴリの記事

コメント

山ナメクジは、我が家は畑にも居ます。
嫁いで来た当時、私もとにかく大きさに驚きました。

最近は、ヤモリの多さにうんざりしています。
害は無いと聞きますが、夜になるとウロチョロするのでビックリさせられます。
長年ひとけの無かった部屋で、畳のすき間にびっしり卵を産んでいました。
なにかいい方法はありませんか?

ヤモリはうちにはいないですね。ヤモリは家の生き物です。ま、うちはヤマの中なんで、かな。

ヤモリは家の明かりに集まる虫を食べています。ですんで、あまり家を明るくしようとしないで、暗めの生活を送れば、少しは効果があるかもしれませんが、「居着いて」いるものなので、効果のほどはわかりません。

人間がヤモリに慣れるのが一番じゃないですか。

ヤモリの卵見たかったです。

多分、我が家に居ついてるヤモリでしょうね~・・・

ヤモリの卵は、大豆粒程でした。
鶏卵とよく似ていますが、触るとブヨブヨと柔らかいです。
しかも、底部は引っ付いているので簡単には取れません。
無理して引きちぎり、中から孵りかけのヤモリが出てきて、可哀想な事をしました。
今度見つけたら、必ずデジカメで撮ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/833189

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマナメクジ:

« 今月の月刊むし(2004.7) | トップページ | アカネズミ(たぶん) »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense