2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« きのうの事故、新聞に載る | トップページ | ヒメネズミ »

2004/06/29

きょうの古本(「環海異聞」)

例によって出張で神戸に行って古本を買ってきた。今回は、掘り出し物だ。

池田晧(訳). 1989. 「環海異聞」. 雄松堂出版
新品時6,000円(税抜き)を1,800円で入手。若干、日焼けが激しいのと、図書館で使うような粘着性ビニールカバーをはがした跡があるが、ま、本としてはあまり問題がない。
「環海異聞」とは、18世紀末にロシアに漂着し、世界1週の航海を体験したあと、長崎にて返された津太夫ら一行の漂流記+見聞録だ。津太夫の漂流記は吉村昭「漂流記の魅力」(岩波新書)などでも紹介されているが、原典というところが面白い。ただ、訳本というのはちょっと中途半端かもしれないが、別に大学で研究するわけでもないので、コレで十分だ。
しかし、新品時価格6,000円というのはちょっと高すぎないか。

環海異聞 海外渡航記叢書(2)(amazon)

« きのうの事故、新聞に載る | トップページ | ヒメネズミ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

漂流民」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きょうの古本(「環海異聞」):

« きのうの事故、新聞に載る | トップページ | ヒメネズミ »

他のアカウント

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense