2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« チュウガタコガネグモ | トップページ | SWRT Tシャツをゲット »

2004/06/20

ヤマトマダニ

ダニの対抗策について教えて欲しいとメールを頂きました。写真はヤマトマダニ Ixodes ovatus 。私のわき腹について血を吸ってでかくなった状態です。

野外で人間にくらいつくのはこのマダニの類で、ほかに赤くて小さなダニもいますが、こちらはハダニの類で、ハダニは植物食で人間にくらいつくことはありません。

対抗策としては、長袖、長ズボンを着用し首にタオルをまき、帽子をかぶり、長靴(べろ付き)や地下足袋などをはき、・・・・・。とにかく、入り込む余地を与えないことにつきます。これで、ほとんど大丈夫でしょう。あとは、山での作業が済んだら風呂やシャワーで流し、そのときに体についていないかよく点検することです。

このようなことで、私の場合、生まれてこの方、2回しか取り付かれたことはありません。

ダニは、草木の葉の裏などで、動物が近づくのをひたすら待っていて、体温や二酸化炭素に反応して、つくようです。兵庫県北部では、シカなどの増加により、ダニも増加傾向にあるようですが、これについてはきちんとした調査はないようです。

ダニよりも深刻なのは、ヤマビルで、兵庫県の南但馬ではかなり増えている所もあるようですが、いまのところ但東町は大丈夫です。こちらは、ちょっとした隙間にはいくらでも入り込んでくるので、ヒルの忌避剤とかも販売されています。(よく効くのかいわれると、これを使っていてヒルに付かれたこともあるので、なんともいえません)

ヒルがふえたのもシカのせいだといわれています。シカが増えるのもほんとうに困ったもんです。

« チュウガタコガネグモ | トップページ | SWRT Tシャツをゲット »

森林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/802452

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトマダニ:

« チュウガタコガネグモ | トップページ | SWRT Tシャツをゲット »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense