2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« テングタケ属の1種 | トップページ | 夏のナメコ »

2004/07/04

ネジバナ

Spiranthes sinensis

庭で発見。2株ほど咲いていた。花がらせん状に付き、蘭の仲間でもありかなりユニークなのだが、そんなに珍しいものではない。
痩せ地でよく見かけるように思うが、どうだろうか。

« テングタケ属の1種 | トップページ | 夏のナメコ »

森林」カテゴリの記事

コメント

庭の鉢に10株ほどあります。この辺(町田)にも沢山はえていたのですが、区画整理で埋め立て、整地されそうになったの
で、引き上げてきたものです。今年も沢山さいてくれました。
この辺でも自然の林を残すとか言ってますが、それだけ開発が進んでしまった証拠です。すでにウラシマソウ、タツナミソウなども移転させています。今年はヒガンバナも移さないと、消えてしまうかも知れません。

ヒガンバナは、外来種という話もあって、これはこれで人里特有と言うか、人間がいないと生きていけない植物のようです。

実はうちの裏山にもヒガンバナがあるようなのですが、ここ10年で1度だけ咲きました。かなり潔癖な草刈を継続してやらないと咲かないようです。そのあと、少し放置気味に植生を管理していたら、咲かなくなってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/899781

この記事へのトラックバック一覧です: ネジバナ:

« テングタケ属の1種 | トップページ | 夏のナメコ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense