2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« WRC ミツビシ撤退? | トップページ | 集成材トラス »

2004/07/21

最低の板

20040721.jpg
物置の扉の下地に使われていた杉の板だ。よく、こんな板を使うなぁという、超ハチカミ(スギカミキリ被害)材だ。おそらく、自分で伐って製材所で賃挽きしてもらったのだろう。捨てるのももったいないので、こういうところに使っておられるのだろう。

ま、そういう事情でもなければありえない、最低品質の木なのだが、用途としてはこれで十分だろうし、買おうと思っても買えないという意味では貴重でさえある。

私が生まれた家(私は病院ではなく自宅で生まれた)は、今はもうないが、トイレの内装は杉の板張りで、しゃがんだ正面の板が、スギノアカネトラカミキリの被害材のちょうど節のところであった。その紡錘形のとびくされが、いろんなイマジネーションを書きたてたのだが、こういう被害材も造形という意味では面白いのかもしれない。

« WRC ミツビシ撤退? | トップページ | 集成材トラス »

建築」カテゴリの記事

森林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/1021371

この記事へのトラックバック一覧です: 最低の板:

« WRC ミツビシ撤退? | トップページ | 集成材トラス »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense