2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 小学校運動会 | トップページ | 今月の月刊むし(2004.10)-コブヤハズカミキリの分子系統樹 »

2004/09/21

温泉町ふれあい交流センターその後


温泉町の幼保センターに隣接するふれあい交流センターは、フレームが立ち上がってきている。前述のとおり、幼保センターはオウシュウアカマツの修正材トラスで、ふれあい交流センターはヒノキの接着合わせ梁である。


で、これが接着合わせ梁だ。接着だけで張り合わせたものであるが、現場では、ラグスクリューも併用している。構造計算上は接着がノーカウントでラグスクリュー止めで計算しているそうだ。トラスなので曲げがかからないからだという。接着あわせ梁は青垣町の木栄の品物。3つ重ね合わせると集成材になるからか、2つまでの重ね合わせになっている。

« 小学校運動会 | トップページ | 今月の月刊むし(2004.10)-コブヤハズカミキリの分子系統樹 »

建築」カテゴリの記事

森林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/1489882

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉町ふれあい交流センターその後:

« 小学校運動会 | トップページ | 今月の月刊むし(2004.10)-コブヤハズカミキリの分子系統樹 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense