2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 今月の月刊むし(2004.10)-コブヤハズカミキリの分子系統樹 | トップページ | 「ジパング」のアニメ »

2004/09/26

白頭山

先日、ランドサット画像で作った白頭山の画像を掲げた所(コチラ)だが、その後、白頭山に関する情報にいくつか出くわしたので紹介しておこう。


まずは、白頭山にまつわる本だ。金基燦「空白の北朝鮮現代史 白頭山を売った金日成」と言う本だ。在日の方が書かれた本で若干感情移入の激しい本で重いところがあるが、それでも、白頭山にまつわる「領有権」問題の歴史が良く分かる本だ。



それと、たまたま見たNHK BS-1のマスゲームに関するドキュメント番組(製作はBBC)に白頭山が出てきた。思わずその部分だけ録画ししまったが、このドキュメンタリーは、白頭山を始めピョンヤンの町並みなど珍しい映像満載ですごかった。

白頭山は北朝鮮の名所というより、北朝鮮の国産み伝説の場所であり、また、その山の姿が美しいことから日本の富士山のような感覚を北朝鮮の方が持っていること、白頭山の火山湖天池の中心部を東西に横切るような形で中国と北朝鮮の国境が(現在は)あること、天池は世界で最も標高の高い火山湖であることなどなど新しい知見を得た。

いままで、ほとんど知らなかったことについて、たまたま、このように連続して情報を得られたというのが、なんとなく変な感じさえする。

« 今月の月刊むし(2004.10)-コブヤハズカミキリの分子系統樹 | トップページ | 「ジパング」のアニメ »

GIS」カテゴリの記事

北朝鮮」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/1523131

この記事へのトラックバック一覧です: 白頭山:

« 今月の月刊むし(2004.10)-コブヤハズカミキリの分子系統樹 | トップページ | 「ジパング」のアニメ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense