2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ケヤキ合せ梁(軒桁) | トップページ | 丸棒トラス »

2004/09/15

但馬ドーム

20040914.jpg
10月23日~24日におこなわれる「但馬まるごと感動市」の打ち合わせと下見を兼ねて、日高町神鍋高原にある「但馬ドーム」に行った。木造ではなく、鉄パイプのトラス組みだが、内部で野球のできる大きさである。開閉式。

今回、久しぶりに見て思うのは、先日の台風18号で被害のあった出雲ドーム(集成材トラス)の部材の少なさである。ま、詳しいことは知らないが、木造とすることで自重が少なく、ああいったシンプルな構造にできたのではないかと思っている。台風の被害があったが、どこからか風が入ってめくれあがっただけのことで、構造に問題があったのではなかろう。

« ケヤキ合せ梁(軒桁) | トップページ | 丸棒トラス »

建築」カテゴリの記事

コメント

これ夏に実家へ行ったときに、たまたま車で横を通って見てしまいました。
でかくて驚きました!

お久しぶりです。

ここの大きさは外から見たほうが迫力がありますね。特に、遠くから見たほうが大きく見えるような気がします。車で徐々に近づいていって最初にチラッと見えたときが一番ビックリします(いまだにそうです)。

蘇武トンネルも通られましたか。あれもすごいです。夏は常時、結露で濡れていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/1439515

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬ドーム:

« ケヤキ合せ梁(軒桁) | トップページ | 丸棒トラス »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense