2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« スカイビュースケープがヨーロッパのランドサット画像を公開 | トップページ | 今月の月刊「地理」(2004年11月号) »

2004/10/28

国立マンション訴訟二審敗訴

高さ20メートル以上の部分を撤去せよというビックリの一審判決がでた国立マンション訴訟は、二審であっさりと敗訴した。

この判決で注目できるのは、景観権はないという裁判所の判断だ。しかも、景観は行政施策で保護されるべきとされている点が重要であろう。

平成の大合併がいよいよピークを迎えようとしており、この大合併という方針は、今後、いままで行政のサービスだと考えていたことすら、地域(=地域住民)によって解決していくべきだということだと私は理解しているのであるが、ここで、景観権がないといわれてしまうと、これでは自らの手で守っていこうということに水を差すものというものである。

たしかに、景観というあいまいなものについては、人それぞれ考え方が違うし、感じ方も違う。こういうものを権利として認めると、個々それぞれが勝手なことを言い出して収拾がつかなくなるということはわかる。しかし、それを行政施策に委ねるべきというのが、わかったようでわからない話だ。結局は、景観権については、住民間での意識の総和の調整を図ったうえで、行政に圧力をかけていく、しかし、行政がそれを住民意見の総和だと認めなければ、それで終わり(訴訟もできない)ということなんだろう。

裁判では、住民側は上告する方針らしいが、この方向で確定すれば、景観権はないのだという判例ができてしまうことになり、上告審が注目される。

« スカイビュースケープがヨーロッパのランドサット画像を公開 | トップページ | 今月の月刊「地理」(2004年11月号) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/1792815

この記事へのトラックバック一覧です: 国立マンション訴訟二審敗訴:

» 今月の月刊地理(2005.9) [Ever Green Forest - blog]
今月の月刊地理は、「特集:まちづくりの新トレンド」。人口減少で、都市がしぼみ、 [続きを読む]

» 悪い景観100景 [あさみ新聞]
「美しい景観を創る会」(代表・伊藤滋早稲田大学特命教授)は、「悪い景観100選」 [続きを読む]

» 国立マンション訴訟二審敗訴(2) [Ever Green Forest - blog]
このことについて、少し考え直したので書き留めておこう。前に私は、 「平成の大合併 [続きを読む]

« スカイビュースケープがヨーロッパのランドサット画像を公開 | トップページ | 今月の月刊「地理」(2004年11月号) »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense