2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/23

新築住宅着工数、3月の兵庫県の在来工法のシェア49.1%

3月の兵庫県の新築住宅着工数における在来工法のシェアが49.1%を記録した。

ま、最大瞬間風速的な数字なんだろうけれど、同時期の全国が35.6%、16年(年間)の兵庫県の数字が36.0%、兵庫県でのここ16年の最大が41.2%(16年2月)ということで、かなり「異常」な数字であるといえる。

実数では、着工数総数が昨年3月の3522戸から、2775戸へかなり落としたのに対し、在来工法は、昨年3月が1369戸に対し1363戸とあまり変わっていない。

なんでこうなったのかは、まったくわからないが、在来工法に根強い人気があるように見える。

2005.7.11附記
河北新報によると

大手メーカーは「地価の下げ止まり感から、買い控えていた人たちが購入する動きが出てきた」(大手メーカー)と指摘する。

ということらしい。土地購入の1戸建てとなると木造ということか?

2005/06/18

鳥居~長砂橋の出石鉄道跡

鳥居~長砂橋あたりといえば、昨年の台風23号で大変な被害にあったところであるが、復旧工事の影響で出石鉄道の遺構が大変見やすくなっている。

20050618a
まずは、長砂橋近くの橋台。これは、近年、周りの木が大きくなって、ほとんど見えなくなっていたのが、復旧工事のため木が切られて、久々にその姿を現している。反対側の橋台はもうないが、こちら側も、復旧工事で取り壊されるかと思っていたが、どうも、このまま残るようだ。

鳥居周辺では、鳥居ホーム跡が有名だが(あれが本当にホーム跡なのかどうかよくわらないところもあるが)、台風23号で堤防が決壊したあたりにもいくらか遺構がある。

20050618b
これは、短い橋の橋台。両方とも健在だ。前のおうちが、水害でなくなってしまい、よく目立つようになった。

20050618c
その橋台から続く、路盤跡。コンクリートよう壁がよく目立つようになった。出石鉄道全線の中で、これだけきちんと路盤が残っているのは大変貴重だ。鳥居橋架け替えらしいので、これとさきほどの橋台は、取り壊される可能性大。

Ever Green Forest 出石鉄道

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense