2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 国土地理院が新しい地図記号のデザインを小中学生対象に公募 | トップページ | ウェールズ・ラリーの結末 »

2005/09/17

アレクサンダー・セルカークの居住跡見つかる

ロビンソン・クルーソーのモデルとされているアレクサンダー・セルカークが無人島で4年4ヶ月生活していた跡が発見されたらしい。

私のもうひとつのブログEver Green Forest-漂流のアクセス数が1日250を超え何が起ったのかと思ったらそういうことだったらしい。発見は「ロビンソン・クルーソーを探して」の著者、高橋大輔氏らを中心とするグループらしいが、高橋氏の念願が達成されたというところか。

しかし、実際のところを言えば、当時、無人島に置き去りにされた事例はたくさんあるし、4年4ヶ月というのは決して長い事例ではない。日本でも、無人島の鳥島で20年以上生活した事例もあることだし、「ロビンソン・クルーソー」にしたって、アレクサンダー・セルカークをヒントにしただけであって、この遺構の発見が実際のところ、そんなにすごいことなのかどうかよくわからない。

ま、話題性なんだろうなぁ。

リンク:
"ロビンソン"の住居跡か(共同通信).
日本人探検家、「ロビンソン・クルーソー」の住居跡を発見(ナショナル・ジオグラフィック)

« 国土地理院が新しい地図記号のデザインを小中学生対象に公募 | トップページ | ウェールズ・ラリーの結末 »

漂流民」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/5979476

この記事へのトラックバック一覧です: アレクサンダー・セルカークの居住跡見つかる:

« 国土地理院が新しい地図記号のデザインを小中学生対象に公募 | トップページ | ウェールズ・ラリーの結末 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense