2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 国土地理院、電子基準点「沖ノ鳥島」の測量成果を提供開始 | トップページ | 国立マンション訴訟 最高裁判決 »

2006/03/25

今月の「地理」 2006.4

今月の「地理」は太田弘さんのたった1ページの書評に1200円払う価値があった。書評の対象は太田さんのブログでも紹介されている「海・陸情報図」なんであるが、そのこと自体はブログで読んで知っていた。

まず、目が点になったのは、2003年に全長3.3m、エンジン出力2馬力以下の小型ボートが免許・船検なしで乗れるようになったという事実。このことは、私はまったく知らなかったが、たいへん夢のある話である。これは乗らないとと思わせる情報だ。調べてみると、この手の船は20万円くらいで手に入るようだ。なんだか、船が欲しくなってきた。

次に、最後の7行。「迎撃用海陸作戦図」の話だ。QRコードまで載っている「海陸」レジャーマップは、「迎撃用海陸作戦図」以来なのか。ううううううううむ。うなりまくってしまう落ちである。

大変に奥の深い書評であった。で、太田弘ファン宣言もしておく。太田さん次も期待してます。(と、プレッシャーをかける)

« 国土地理院、電子基準点「沖ノ鳥島」の測量成果を提供開始 | トップページ | 国立マンション訴訟 最高裁判決 »

GIS」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/9246617

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の「地理」 2006.4:

« 国土地理院、電子基準点「沖ノ鳥島」の測量成果を提供開始 | トップページ | 国立マンション訴訟 最高裁判決 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense