2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« もうすぐ開くぞ ~タラの芽 | トップページ | 白雲山登山 »

2006/04/14

障害者仕様ラリーカーのテクノロジー

Rally-X 2006-5号によれば、アンドラ(!)出身のアルベルト・ロベーラがカタルニア・ラリーでグループN7位完走を果たした。

ロベーラは1984年サラエボ五輪に出場したスキーヤーであったが、スキーのアクシデントで下半身が不自由となった。のちラリーで活躍するようになり、2001年からはWRCジュニア選手権に出場、ジュニア選手権のレギュレーション変更(年齢制限)で出場できなくなり、ヨーロッパ選手権に出ていたが、今シーズンからランサーでWRCグループNに帰って来た。

下半身が不自由なロベーラは足がまったく使えないため、ステアリング・ホイールに取り付けられたパドル(イタリアのガイド・シンプリー社製)でアクセルとブレーキをコントロール。ラリーカーにまとめ上げたのは、スペイン・ラリアート社。

テクノロジーの実験場としてのラリーの良い面が光る。ここでの技術革新が、一般車へフィードバックされていく。三菱、まじめだよね。ちょっと感動。

« もうすぐ開くぞ ~タラの芽 | トップページ | 白雲山登山 »

WRC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/9588787

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者仕様ラリーカーのテクノロジー:

« もうすぐ開くぞ ~タラの芽 | トップページ | 白雲山登山 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense