2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« サンバートラックのエアエレメント交換 | トップページ | ニホンアカガエル?? »

2006/10/20

ATF交換プロジェクト(5) インプレッサのATF交換

20061019e

きのう(19日)、野暮用で午後休み、野暮用を済ませて家に帰るとATFが届いていたので、インプレッサのATFを交換した。

20061019a

用意したものは写真のとおり。左から、オイルジョッキ、オイルチェンジャー、漏斗、ATFオイル(スーパーコーストATF)、オイル処理箱。あと、ウェス。オイルチェンジャー附属のホースでATFを入れようと思っていたが、これがうまくいかなかったので、少し太めのホースまたはパイプが必要(後述)。

20061019b

まずは、オイルチェンジャーでオイルを抜く。これは、オートメカニック式。整備解説書では下抜き。オートメカニック式では、抜いて入れてを数回繰り返すが、整備解説書では、下抜きして入れるのを1回で終わり。下抜きでどれくらい抜けるかはよくわからんが、とりあえずオートメカニック式で進める。

20061019c

オイルチェンジャーが満タンになるまで抜けた(オイルチェンジャーは満タンになると自動停止する)。もう一度抜いたが、あと100cc程度しか抜けなかったので、1回で4.3リットル程度抜けた。インプレッサ(GG3)のATF全量は8.5リットルなので、約半分が抜けたことになる。

20061019d

さて、ATFの投入だが、最初はオイルチェンジャーのホースで入れようとしたが、ホースの抵抗が大きく、なかなか入らない。入らないことは無いのだが、これでは日が暮れる(ほんとうに日が暮れそうだし)ので、もう少し太いものはないかと探すと、ジョウロが目に入り、これのパイプを使って入れることにした。この方法で入れるならもっと大きな漏斗でよかった。

ということで、1回目4.3リットル抜いて4.3リットル入れ、2回目4リットル抜いて4リットル入れ、3回目4リットル抜いて、少し少なめの3.5リットル入れた。少し少なめに入れたのは、当初ゲージで計ると少し多い目だったため。少な目で調度くらいになった。

交換終了後、試運転してみたところ、3→2速のシフトダウン時のショックがほとんどなくなった。あと、全般に少し軽くなったような気もするが、これは気のせいかもしれない。


« サンバートラックのエアエレメント交換 | トップページ | ニホンアカガエル?? »

SUBARU」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/12348734

この記事へのトラックバック一覧です: ATF交換プロジェクト(5) インプレッサのATF交換:

« サンバートラックのエアエレメント交換 | トップページ | ニホンアカガエル?? »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense