2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007/05/30

ケーキ屋「ハンザ」の改装

ケーキ屋「ハンザ」の改装
龍野でケーキ屋といえば、やはり駅前のハンザははずせないだろう。

いかにもドイツを思わせるネーミングだが、ハンザ同盟を思い出させるからか。

ま、今回はそういう話ではなく、そのケーキ屋のハンザが4月から店を閉めて改装に入るという告知が貼り出され、どう改装するのかと思っていたら、改装ではなく建て替えであった。

新店舗の構造は鉄骨で、ま、そんなもんだろう、内装は木で来るかなと思っていたら、期待に応えてくれたというのが上の写真である。

スギ板貼りとはよかったよかったである。どっかで見たことのある意匠だなぁと思ったら、但東の市民ホールのロビーと似ていなくもない。但東の方は、私も関わっていて、支所の担当と相談してこの意匠にした。実は、全部貼るだけの予算がなかったのだ(笑)。ちなみにこちらはヒノキ(下の写真)。
20060331


ところで、前の店舗はケーキを作っているところが覗けたのであるが、新店舗はただの販売店になってしまったのはちょっと残念かも。

鉄道ファンに余部鉄橋の記事

鉄道ファンに余部鉄橋の記事
今月の鉄道ファン(2007.7月号)に余部橋梁の記事が掲載されている。第1回ということで何回か連載される模様。
初回の今月号では路線決定から設計までの歴史について述べられている。桃観トンネルについても少し触れられているがその延長については、「計画当時の長さは6040ft(1841m)、現在の長さは1992mとなっている。」とさらりと流していて、ベネさんのような突っ込みはない。
ところで、この記事で目に止まったのは桃観トンネルの東側工区では湧水に悩まされ、自家火力発電でポンプを回ししのいだとあり、東側にある煉瓦の水路はそれのなごりなのかなと思った。
鉄道ファンは鉄道雑誌のなかでも比較的早く本屋からなくなる売れいきのよい雑誌のようでもあり、特に但馬の書店では余部橋梁の記事もあり、もう入手が難しいかも。

2007/05/29

きょうの隼

きょうの隼
ひさびさに作った。塗り分けが多く少し時間をかけているが、うまく行けば今週中にできるかも。

夕暮れの播磨新宮駅

夕暮れの播磨新宮駅
夕暮れというか日没時のスナップだけれどどう見ても朝だなあ。ま、携帯で撮った写真なので。

2007/05/27

「故佐藤会長追福サファリダートトライアル2007」観戦

20070527d

日吉(厳密には京都市)のコスモスパークにダートラ観戦に行って来た。コスモスパークには、去年4回くらい通っており、息子お気に入りの場所である。きょうは、森林インストラクターのイベントもあったが、単身赴任のお父さんとしては息子との時間を優先したというところか。

一度、雨のダートラというのも見てみたいものだといつも思っているが、きょうは激しい晴天。土ぼこりもすざましく、ほこりかぶりの1日であった。第1ヒートは何事もなかったが、第2ヒートでは3台転倒、1台バンク激突と荒れ気味だった。

20070527e

さて、親子ともいそがしい今年は何回コスモスパークに行けるかな?


2007/05/26

「新聞で振り返る北但大震災」展

20070526a

去る5月23日は大正14(1925)年のこの日に起きた北但大震災の記念日であった。その23日から6月3日にかけて、豊岡市の宵田商店街で当時の新聞4紙の複製を張り出した展示が行われている。ついでがあったので覗いてきた。1面とかだけでなく中のほうのコピーも張り出してあり、ついつい北但大震災以外の記事や広告にも目が行く。

なかなか興味ある展示だと思うので、お近くの方はぜひお立ち寄りを。

2007/05/25

ヨツキボシカミキリ

20070523

23日の朝、新宮のすみかの内部にいたヨツキボシカミキリ。新宮のすみかは、夜、電灯をつけて網戸にしていると部屋の中にやたら虫が入ってくるのだが、カミキリも侵入してくるとはちょっとうれしい。ということで、新宮にヨツキボシカミキリがいることと、ヨツキボシカミキリが灯火に来ることを確認。

2007/05/22

アイロン

アイロン
先週末の19、20日は仕事で但東に帰れなかったが、そうなるとカッターシャツが足らないので、クリーニングに出すのか自分で洗うのかの二者択一を迫られることとなった。で、結局写真のアイロンを購入。自分で洗濯してしてアイロンがけすることとした。

こういったこともきっちりと基本を押さえればなんとかなる。むかし独身だったころ買った「アメリカンシングルライフ(クレイグ・M・ピアスン他著、田村源二訳)」という本にアイロンのあて方が図解入りでかかれており、久々にこの本を見ながらアイロンがけをした。ま、こういうことも最初は楽しいものでちょっとアイロンにはまっているかも。

きょうの隼

きょうの隼
息子が作りかけて放ってあったのをもらってきて作り始めた。部品数はヘリコプターに比べるとかなり少なく、いきなりこんな状態。これから先の塗装がちょっと大変。ドライブラシが欲しいなぁ。

2007/05/19

UH-1とりあえず完成

UH-1とりあえず完成
UH-1がとりあえず完成。とりあえずというのは、デカールに切れてしまったのがあって、いくつかのデカールが貼れていないからだ。タミヤの通信販売でデカールだけ買ってリトライするつもり。結局、ちょうど2週間でできた。

水星が見たい

昔から天文には興味があり大阪に住んでいた頃から友達と星が沢山見えるところに星を見に行ったりしていたのに、いまだに水星を見たことがない。

今は水星が見やすい時期であり、とくに、きょう、5月19日は水星が探しやすいらしい。

きょうの夕方、上から金星、月、水星が、ほぼ等間隔に並ぶので、金星を見つければ、月の反対側に水星を探せばよいということらしい。晴れるかな

播電鉄道 觜崎橋橋台

播電鉄道 觜崎橋橋台

播電鉄道 觜崎橋橋台
廃止鉄道お約束の橋台である。用語について述べておくと当初このブログで用いていた「新宮電気鉄道」というのは昔の5万1地形図には記載があるものの一般には「新宮軽便鉄道」と呼ばれていたようだ。のちに網干―龍野町間を合わせて「播電鉄道」となり、現在、この鉄道は「播電鉄道」と呼ばれることが多いようだ。そこで、このブログでも「播電鉄道」の呼称を使うことにする。

さてさて、橋台は現在の県道觜崎橋の下にある。つまり覆いの下にあるため大変きれいに残っている。

2枚目の写真が新宮側できっちりとした間知の練り石積である。美しい。橋の下とはいえ古さをまったく感じない。ほんとうに明治のものかと思うほどだが、良く紹介されている遺構なのでそうなのだろう。

1枚目の写真が龍野側である。こちらのほうが少し雑な感じであるが、傷みが激しいのかも。

それにしても、河川改修とか繰り返されてきただろうに、よくぞ残ったと感心。

2007/05/18

きょうのUH-1

きょうのUH-1
今週末は新宮にいる。仕事があるからだけどUH-1は今週末には決着が着きそうだ。

メインローターが付いていないと前が浮く。

2007/05/17

きょうのUH-1

きょうのUH-1
意外と手間がかかりはかどっていないように見えるかも知れないが、自分では形ができてきたと思っているところ。

2007/05/16

但東町相田でイソヒヨドリ初認

土曜日の代休の先取りで但東にいる。

今月から、新聞配達がなくなり、近くのバス停まで新聞を取りに行かなくてはならない。歩けば往復500m程度の散歩となる。

今朝、歩いて新聞を取りに行くと、バス停の近くの電柱の先端でイソヒヨドリがうるさく鳴いていた。自分の住んでいる地域でイソヒヨドリを見たのは初めてである。既にここにも書いたが、もともと海岸性だったイソヒヨドリがどんどん内陸に侵入しているように思う。少なくとも昭和50年代では海岸性のイメージが強かった。それがいよいよ相田でも見ることができるようになったいうことは、ほぼ、内陸部に行渡ったようにも見える。

イソヒヨドリの生活圏の変化の原因というのは何なんだろう。なかなか仮説が立てにくい。

2007/05/15

けさのUH-1

けさのUH-1
ボディを組み立てた。いよいよ佳境。

2007/05/14

きのう完成したSH-60

きのう完成したSH-60
但東で作っていたSH-60がきのう完成した。あんまり緻密に作ったわけでもないが海自色はかっこいい。息子も同意見。

2007/05/12

本竜野駅 旅客上家

20070511f

2009年1月消滅

前に建物財産標のみ紹介した本竜野駅の旅客上家である。建物財産標(下の写真、再掲)によれば昭和16年3月に竣工したもののようだ。骨組み以外は新しいと思われるが、骨組みは建築当初のものか。

20070422d

構造材はスギのように思うけれど、けっこう持つもんだと思う。下の太くなっている部分は補修されてこうなったのか元からこうなのかわからないけれど、このあたりが(補修管理か、設計上、柱下部を持ち上げたのか)長持ちの秘訣か。

20070511g

はばタンも頑張ってる。

20070511h


旧小宅郵便局(消滅?)

20070511d

旧小宅郵便局。現在は小宅地域交流広場として活用されている。見るからに看板建築。上部をよく見ると、瓦屋根が見える。瓦屋根の建物の道側をモルタルで巻いたという感じの構造なんだろう。屋根部とモルタル壁の取り合いに関心が行く。

20070511e

郵便局のマークも残っていはいるが、なぜか削り取ろうとしたような跡がある。郵便局を止めるので、マークに傷をつけて無効にしようとしたのか。

(上2枚の写真は、2007.5.11撮影)

2011.8.17追記

GoogleEarthをなにげに見ていると、本建物はどうやら撤去されたようだ。若干GoogleEarthの写真ではわかりずらいが、更地に見える。本竜野駅旧駅舎とこの古い郵便局は駅前通りのいい味付けだった。そうそう、ケーキ屋のハンザも昔の建物のほうが雰囲気は良かったよなぁ。市民病院跡もきれいに更地になってる。このあたりもずいぶんかわったもんだ。

ところで、ここのとなりの現役郵便局は本竜野駅前郵便局という。この建物を旧小宅郵便局としたのはなんか根拠があったのかなぁ。自分自身別のところでは旧本竜野駅前郵便局としている。たぶんこっちが正しいのだろうが、今回は放置。


大きな地図で見る

播磨新宮駅

20070511c

よく利用するJR播磨新宮駅。本竜野駅とよく似ているが微妙に違う。下が本竜野駅(再掲)。

20070422c

2007/05/11

大火球

大火球といえるほどかどうかわからないが、本日(2007.5.11)20:24ごろ、夜久野町にて、北の空に落ちていく流れ星を見た。車を運転しながらはっきりと見えたのでかなりの流れ星だ。車を運転しながら流れ星を見たなんて初めての経験。

ほぼ鉛直に落ちていったのと速度がかなり遅かったのが印象的。速度が遅いので花火かと思った。

とりあえずメモ。

2007/05/10

きょうのUH-1

きょうのUH-1
コックピットにいきなりメインローターのシャフトが付いた。この部分の塗装が本日のほぼ全ての作業である。ボディ部の本格的な塗り分け塗装作業は来週に持ち越し。

2007/05/09

きょうのUH-1

きょうのUH-1
コックピットはこれで完成。外部塗装をどうするかだいぶ迷ったが、UH-1Bという古いタイプなので昔の陸自塗装(現物は見たことないが)に決定し外部塗装も始めた。ということでハセガワから出ているUH-1Jで現在の陸自塗装をやってみようかなと考えているところ。

2007/05/08

新宮町駅跡

20070511a

けさ、確認した新宮駅の説明板。インターネットでいろいろと調べているとこれがあるのがわかった。
しかし、ところが、この説明板の前は何回も歩いているのに気にも止めなかったのは不思議なくらいだ。
この説明板で、我が新宮の住みかの横の道が新宮電気鉄道の路盤跡であることがはっきりした。

20070511b

写真は説明版付近にあるコンクリート構造物。これが、遺構として紹介されることもある。たしかに、中が円柱形の暗渠というもあまりみかけない。

きょうのUH-1

きょうのUH-1
日本橋で買ったUH-1のプラモデルだが、月曜日から作り始めて、今夜の状況は写真のとおり。
ま、航空機はコックピットから(自動車でもそうだけれど)というわけで、まだまだコックピットだ。パイロットの椅子もまだ付いていない。
あせらずに楽しんでいるところとも言える。

2007/05/06

GPSをパソコンにつなぐ

ま、標題を見ても、なんでもないことだとお思いだろうが、昨年末に1万7千で買った中古ノートパソコンのRS-232Cと思われるコネクタはこんな形なんである。

20070506a

で、GPSはというとガーミンの旧式のemapという機種。もちろんRS-232Cのみ対応だ。このノートパソコンを買ったときには、ま、インターネットができればいいかと安かろう悪かろうで買ったのだけれど、単身赴任生活がはじまってみると、CDドライブなし、FDDなし、RS-232C事実上使えずではかなり苦しい。

とくに、GPSとパソコンがつなげないというのは苦しい。というわけで、一昨日、大阪日本橋でELECOMのUC-SGTというUSBをRS-232Cに変えてしまうアダプタのようなものを購入してきた。

20070506b

インターネット上や購入した店の人も機種によってはちゃんとつながらないですと脅されこわごわセットアップしてみると無事につながった。

20070506c

ちなみに、パソコンはNECのVespaPro VA40Hという機種である。これで、GPSで遊び倒せる。

2007/05/04

特急田中3号

特急田中3号
自宅、単身赴任先とも地上波の映らない私としては鉄の間で話題の「特急田中3号」を是非みたかったのだが、大阪の実家で見ることができた。
スーパーベルズの野月が出ているという話だったけれど気が付かなかった。野月が出るのは1回目だけ?
それにしても鉄系ドラマというのは本当だった。「鉄子の旅」もアニメ化されるし、鉄が表に出つつあるというのは感じるなぁ。

プラモデルの仕入れ

プラモデルの仕入れ
連休で下の子と2人で大阪の実家に帰っている。きょうは日本橋のジョーシンでプラモデルサークルの展示会があるというので行ってきた。サークルのメンバーのプラモデルの放出市もあって、子どもは戦車系を3つ(1個500円)購入。お父さんは単身赴任対策としてUH-1(こちらは正規販売品580円)を購入。
あと職場のGPSにアップアップダウンの地図を入れるため用のmicroSD512MB(899円)やらUSBにシリアルGPSをつなぐためのアダプタなどを購入してきた。

2007/05/03

三菱自動車、久々の黒字

最近、やたらと新しいデリカ(D:5)を見かけるなと思っていたら、三菱自動車が2002年度以来4期ぶりの黒字らしい。

CARMODE NEWS-BLOG: 三菱、久々の黒字!
三菱自動車、2006年度決算及び2007年度業績見通しを発表

プジョーやシトロエンにもOEM供給しているみたいだし、OEMの分野もかなり頑張っているようだ。
それにしても、デリカの人気って予想以上だなぁ。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense