2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« けさのカローラ | トップページ | オオゴキブリ »

2007/06/08

ジュール・ヴェルヌ版「ダイ・ハード」

ジュール・ヴェルヌ著「地の果ての灯台」を読み終えた。前に書いた電子出版のものを携帯電話で読んだ。

この物語は、南アメリカのマゼラン海峡よりまだ南西にあるエスタードス島のジュアン岬(いずれも実在)に灯台ができ、3人の灯台守が無人島に残るところからはじまる。しかし、この無人島には灯台建設前から海賊が住み着いており、灯台守3人のうち2人が海賊に殺されてしまう。残された一人が・・・。と、映画「ダイ・ハード」(特に「3」かな)を彷彿とさせる筋書きである。1901年の作品というが、この「ダイ・ハード」感は古さを感じさせない。映画化されたとあとがきにあったが見てみたいものである。

電子出版の世界には、まだまだヴェルヌの掘り出し物があるので、なかなか抜け出せそうもない。

« けさのカローラ | トップページ | オオゴキブリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/15352685

この記事へのトラックバック一覧です: ジュール・ヴェルヌ版「ダイ・ハード」:

« けさのカローラ | トップページ | オオゴキブリ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense