2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 播電鉄道 龍野町駅跡 | トップページ | もやしもん »

2007/07/28

JR山陰線 寄宮架道橋

Sa310026
先週の土曜、八鹿町三谷の友人宅に刈払機を借りに行ったときに撮影。

Sa310027
隅石を配した豪華な橋台。しかも隅石は江戸切といわれる仕上げだ。おそらく、明治時代、この下の道がメインストリートだったのだろう。

Sa310029
隅石は、こういう四辺が平らに仕上げてあるのが江戸切。レンガは基本的にはオランダ積みだが、上に向って狭くなるので、長手積み段は臨機応変に積んである感じ。とにかく、けっこう立派な橋梁である。



« 播電鉄道 龍野町駅跡 | トップページ | もやしもん »

近代化遺産」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

いつもながらすばらしい。

あ、べねさんっぽいですね。ども。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/15928554

この記事へのトラックバック一覧です: JR山陰線 寄宮架道橋:

« 播電鉄道 龍野町駅跡 | トップページ | もやしもん »

他のアカウント

Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense