2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 竹島の2万5千地形図 | トップページ | 全国 NPO バンクフォーラム »

2008/01/19

GT-RにおけるGPSの面白い利用方法

昨年、満を持して発売されたGT-R、その馬力は480馬力。しかし、公道でこんな馬力が出ると危険ということで、普段はリミッターが働いてそれだけの馬力が出ないようになっていて、閉鎖されたサーキットにおいてのみ480馬力が出せるようになっているという。

このリミッター解除には、なんとGPSが利用されているのである。全国のサーキットのデータが登録されていて、サーキットの中にいるときのみリミッターが解除されるという仕掛けだ。うーむ、なるほどねぇ。

たしかに、この機構であれば、ごまかすことも難しく、おそらく確実なリミッターの解除が可能であろう。GPSのたいへん面白く、かつ合理的な活用法である。

« 竹島の2万5千地形図 | トップページ | 全国 NPO バンクフォーラム »

GIS」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

コメント

サーキットに行っても自動的に外れるのではなくて、リミッターをはずすけど、この場合の故障は保証対象外になるけどええか?Y,Nって聞いてくるらしいですよ。

先日駐車場内をそろそろ走る登録されたGTRをはじめてみました。

GPSというよりナビと連動しているんですよね。GPSを部品的につかってほしかったなぁというのが私の感想です。GPSだけだったらそんなに高いもんでもないし。

でも、確かにサーキット走行をあからさまにされると保証はきかんと言いたいでしょうねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GT-RにおけるGPSの面白い利用方法:

« 竹島の2万5千地形図 | トップページ | 全国 NPO バンクフォーラム »

他のアカウント

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense