2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 平城遷都1300年祭マスコット | トップページ | 来年のパリダカはアルゼンチン~チリに決定 »

2008/02/15

皿谷能子「ようしゅやまごぼう」

Sn3a0024

父親の手術で関西医大附属枚方病院に行ったが、ここには日本画家の皿谷能子の作品が19展示されている。その中で大変に気になるのがこの「ようしゅやまごぼう」だ。ヨウシュヤマゴボウなど植物に興味のある人なら誰でも気にも止めない種ではないだろうか。しかも添え物に咲いているのはセイタカアワダチソウだろう。セイタカアワダチソウが小さいのも、荒地らしい感じがしてスーパーリアリズムだ。こういう、なんでもないの極致に目を開く作者の感性に拍手だ。

あとおそらくコバノミツバツツジとセイヨウタンポポを描いたと思われる「みやまつつじ」なんかもツボを刺激してくれる。

枚方病院に展示されている絵はこちらで見れる。日本画でありボタニカルアートでもある。

« 平城遷都1300年祭マスコット | トップページ | 来年のパリダカはアルゼンチン~チリに決定 »

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/40128324

この記事へのトラックバック一覧です: 皿谷能子「ようしゅやまごぼう」:

« 平城遷都1300年祭マスコット | トップページ | 来年のパリダカはアルゼンチン~チリに決定 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense