2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« フランス人の英語 | トップページ | 龍野ショッピングセンターのキャラクター »

2008/04/13

平城遷都1300年マスコット問題、ゲリラ戦化

「選考不透明」平城遷都キャラ独自に公募

15日に名前が発表されるのを楽しみにしている平城遷都1300年マスコットだけれど、上の記事によると、対抗案を草の根というか民間レベルで選ぼうという動きが出てきたらしい。ゲリラ軍の登場である。対抗案が決まったら、ゲリラ側は、そのキャラを商店街等で使ってもらおうということで、マスコットが2つという事態になる可能性も出てきた。

ものの本質は、平城遷都1300年祭のPRである。騒ぎを大きくすることもPRにつながるかもしれないが、地域の勢力を分散させることは得策とは思えない。ゲリラ勢力がどれくらいのものになるのかわからないが、地域がひとつになりきれていないという状況が全国に伝わるとマイナスイメージにならないか。

私は、あの童子は、ゆるくないゆるキャラとして戦闘力大と見たが、はっきり言ってあれをこえるインパクトのキャラクターは難しいのではないのだろうか。ただの癒し系のキャラクターを作って、「こっちの方がいいよ」と言われてもなぁ。

« フランス人の英語 | トップページ | 龍野ショッピングセンターのキャラクター »

ゆるキャラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/40868992

この記事へのトラックバック一覧です: 平城遷都1300年マスコット問題、ゲリラ戦化:

« フランス人の英語 | トップページ | 龍野ショッピングセンターのキャラクター »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense