2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« GoogleMapのKML、OGCが採択 | トップページ | ブレーキパッドの交換 »

2008/04/16

というわけでKML使ってみました

KMLがOGC標準となったことで、今まで座標を取り出すことに使っていたGoogleマップに座標を放り込んでみようということで、KMLファイルを作ってみました。簡単簡単。

とりあえず作例をご覧ください。最近、移動したEver Green Forest-漂流@wikiの「ピュテアスがグリーンランド(アイスランド?)を探査」という項目を地図化したものが、こちらです。なかなか、かっこいいでしょう。

これを作るには、まず、GoogleEarthに目印をつけて、それらを右側のウィンドウで一つのフォルダにまとめます。そして、そのフォルダ名を右クリックして「コピー」を選び、適当なエディタに貼り付けます。これで、エディタ上にKMLで既述されたスクリプトができます。これをUTF-8モードで保存し、FTPで適当なところにアップして、そのアドレスをGoogleマップの検索のところに書き込んで検索ボタンを押します。するとたぶん希望するような目印付きのマップが表示されるので、位置や縮尺の微調整をした上で「このページのリンク」のアドレスを取り出して、ホームページ上でそこへのリンクを作ればOK。説明がまずくてすんません。これでわからない人はコメントで質問してください。

しかし、便利な世の中になったもんだ。

« GoogleMapのKML、OGCが採択 | トップページ | ブレーキパッドの交換 »

漂流民」カテゴリの記事

GIS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: というわけでKML使ってみました:

» 本の電脳 04162008 [つき指の読書日記]
 毎日、いろいろ利用しているインターネットを中心にパソコン環境をめぐる世界がいま大きく変化し、新たな覇権をかけて激しい競争がくり広がれているという。キーワードは「Web2.0」といわれ、瞬く間にサーチエンジンで圧倒しているグーグル Googleが挑戦している。  いまマイクロソフトによるヤフーの買収問題が大きく報じられているが、この背景にはその動向に対する同社の危機感が、このままでは収益がグーグルに一方的に吸い込まれてしまいかねない、そういう経営的判断があるという。  それが一体、何な...... [続きを読む]

« GoogleMapのKML、OGCが採択 | トップページ | ブレーキパッドの交換 »

他のアカウント

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense