2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 旧野崎家住宅(倉敷市児島) | トップページ | Cuillのロボットが来た »

2008/10/03

アメリカカンザイシロアリとネバダオオシロアリ

都内内陸部に出現した「最悪のシロアリ」

アメリカカンザイシロアリは、1980年代に兵庫県下で最初に見つかり、その後、各地で離散的に見つかっているようだが、上の記事は都内内陸部でも見つかったという記事。こういうのいるんだ。

で、カンザイは「乾材」の意味で、乾燥した材につき、なおかつそこに含まれるわずかな水分のみで生きられるので、土から離れた家中につくのが特徴らしい。しかも、材の内部にいるので、表面に変化を見せないので、発見は食害がはじまってから10年くらい経過してからということが多いらしい。実に恐ろしい。

外来の昆虫で、そんなに多くはないようだけれど、被害がでれば、かなり深刻なものになるらしい。分布を見ると、どちらかといえば暖地系のようで、日本海側からの報告は、ネットでは確認できなかった。

アメリカでは、これの被害が出ると住宅全体をシートで覆って薬剤で燻蒸するようだけれど、日本ではこの方法が認められていないので、別の意味で大掛かりな駆除になるらしい。もちろん、家全体なので建物の補修もすごいことになる。

いろいろとネットで見ていると、ネバダオオシロアリという外来昆虫も日本にいるようで、これは、今のところ川西市の山中で確認されているのみらしいが、住宅への被害は報告されていないようだ。こちらは「湿材」系らしい。普通の住宅では材が乾きすぎて、食べられないのかな。

« 旧野崎家住宅(倉敷市児島) | トップページ | Cuillのロボットが来た »

建築」カテゴリの記事

森林」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/42668413

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカカンザイシロアリとネバダオオシロアリ:

« 旧野崎家住宅(倉敷市児島) | トップページ | Cuillのロボットが来た »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense