2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« インテリジェント基準点 | トップページ | 建築MAP大阪/神戸 »

2008/12/17

神戸の近代化遺産

20081217b

また、神戸。まずは、神戸税関旧庁舎。もともとは、大蔵省営繕課設計の1927年3月竣工の2代目庁舎だが、震災で半壊。1998年、2代目庁舎の外観とホール等を保存・継承するかたちで再建された厳密には3代目という微妙な建物。大変に重厚な建物である。中庭も必見。

20081217g

神戸農林水産消費技術センター(旧神戸市立生糸検査所)。神戸市営繕課。1927年竣工。神戸税関の向かいにある。方立てが上向にとんがった感じ。玄関の上の飾りが凝ったものである。

20081217c

神戸韓国領事館(旧兵庫県信用組合連合会事務所)。置塩章(置塩建築事務所)。竣工1929年。つい、「韓国領事館」に印象が引っ張られるけれど、竣工時は信用組合連合会事務所で、ま、別に普通の建物だったわけだ。方立ては天然石。

20081217d

東遊園地事務所。これは過去に東遊園地付近にあった神戸クラブの建物を模して建てられたもの。したがって、厳密には近代化遺産ではない。

20081217e

こちらも同じく、レストランであるが神戸レガッタ・アンド・アスレチック・クラブの建物を模して建てられたものである。

20081217f

こちらは、本当の番外編。貿易センタービル前のモニュメントなんだけれど、ツタからまりまくりで、神戸で突然、第三火薬廠に出会ったような感じ。葉っぱがあるときはそれなりにきれいなんだろうけれど。


大きな地図で見る
A:神戸税関旧庁舎
B:神戸農林水産消費技術センター
C:神戸韓国領事館
D:東遊園地管理事務所
E:レストラン
F:貿易センタービルモニュメント

« インテリジェント基準点 | トップページ | 建築MAP大阪/神戸 »

建築」カテゴリの記事

近代化遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/43448856

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の近代化遺産:

« インテリジェント基準点 | トップページ | 建築MAP大阪/神戸 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense