2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 旧松尾寺駅舎改修 | トップページ | 赤穂市立民俗資料館(旧大蔵省赤穂塩務局庁舎) »

2008/12/12

明治のラガー

20081211a_2

もともとキリン派なのではあるが、この「明治のラガー」というのは、自分の近代化遺産路線とあいまって、前を通り過ぎるわけにはいかない何かがあったのである。で、飲んでみると実に濃厚なビールである。

とろみを持った苦味という感じの濃厚さだ。なにを持って「明治のビール」なのかよくわからんが、明治の人がいつもこのビールを飲めていたのなら実にうらやましい限りである。ま、ビールの値段も高かったのだろうけれど。

マークのキリンが実に貧弱な鹿に見えるのがご愛嬌。あわせて「大正のラガー」というのも発売されているが、濃厚さにおいては「明治のラガー」の比ではない。


« 旧松尾寺駅舎改修 | トップページ | 赤穂市立民俗資料館(旧大蔵省赤穂塩務局庁舎) »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治のラガー:

« 旧松尾寺駅舎改修 | トップページ | 赤穂市立民俗資料館(旧大蔵省赤穂塩務局庁舎) »

他のアカウント

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense