2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« チョウゲンボウ? | トップページ | 住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠 »

2008/12/23

龍野の近代化遺産

Img_0874_2

旧菊一醤油本社事務所
所在地=兵庫県たつの市龍野町大手54-2他
構造=木造2階建、瓦葺、建築面積687m2
年代=昭和7年/昭和54年改修
文化財指定=国登録有形文化財
きょうは、龍野にいたので、龍野の近代建築を見てきた。いまさらという感じでもあるけれど。で、まずは、うすくち醤油資料館。竣工は昭和7年で、設計は未詳。色の薄い部分はスクラッチタイル。地方都市としては実に重厚な建物である。

この建物は菊一醤油造合資会社の本社として建てられ、浅井醤油合名会社との合併後の龍野醤油(株)-ヒガシマル醤油(株)の本社として使われたものである。

Img_0873

これは資料館の向かいの建物。おそらくはヒガシマル関連の建物なんだろうけれど、チラシやパンフレットに記述はない。窓が上下に動くタイプなので資料館と同じころの建築なのだろう。

Img_0903

こちらはうすくち醤油記念館別館。これも一部にスクラッチタイルが使われている。こちらは大正13年竣工とのこと。別館と本館は同じ設計者とのことだけれど、誰だかは不明。

Img_0905

これは別館近くにある煉瓦の煙突。煉瓦の寸法は224.4mm×106.2mm×56.1mmで、龍野では標準的な寸法。

Img_1003

これは、街中の煉瓦の蔵。これの煉瓦の寸法は224.8mm×104.8mm×54.5mm。ほかの物件で、223.6mm×104.6mm×57.8mmというのもあって、龍野の煉瓦はこのあたりが標準的な寸法のようだ。

参考文献

  • ヒガシマル醤油株式会社. うすくち龍野醤油資料館パンフレット. ヒガシマル醤油株式会社.

大きな地図で見る
A:うすくち龍野醤油資料館
B:醤油資料館向かいの建物
C:うすくち龍野醤油資料館別館
D:龍野の煉瓦壁の蔵

« チョウゲンボウ? | トップページ | 住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠 »

建築」カテゴリの記事

近代化遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/43507436

この記事へのトラックバック一覧です: 龍野の近代化遺産:

« チョウゲンボウ? | トップページ | 住民の目線で記録した旧日本海軍第三火薬廠 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense