2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旧姫路市営モノレール | トップページ | 旧国鉄市川橋梁 »

2009/02/12

飾磨樋門

Img_1866
竣工:1903年
文化財指定:なし

現地看板によると

飾磨樋門(大樋)
通称は(大樋)。市川の分流船場川への水の取り入れ口。船場川の水は飾磨までの間の600町歩の田の用水だけでなく、姫路城の濠への給水、飾磨からの高瀬舟の運航、「姫山しぼり」などの染織産業にも利用された。 姫路城主酒井家では1万石をあててその管理にあたらせたといわれる。寛延2年(1749)年7月、大樋が切れて姫路城下は大洪水になった事もあるように、各城主は重視していた。
今の樋門は明治36年のもの、花こう岩とレンガとで構築している。門扉は昭和42年3月、豊国式ピンジャッキ捲上機に改修。井堰は昭和37年コンクリートに改修したが、その後しばしば被害を受け、今のものは同43年復旧したもの。

増位中学校区夢プラン実行委員会

Img_1867

説明どおりれんが石造だが、れんがで管を構成し石で補強という通常とは逆パターン(でもないのかな)。れんがは立ち上がりはイギリス積でアーチ部は長手積。

下流部(船場川側)は写真のとおりだが、市川側は改修されておりコンクリート。


大きな地図で見る

« 旧姫路市営モノレール | トップページ | 旧国鉄市川橋梁 »

近代化遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/44034524

この記事へのトラックバック一覧です: 飾磨樋門:

« 旧姫路市営モノレール | トップページ | 旧国鉄市川橋梁 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense