2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« flowing KARASUMA(旧山口銀行京都支店) | トップページ | 神戸の近代化遺産(3)~神戸駅から海岸通へ »

2009/03/05

姫路駅構内のれんが構造物

Img_2046

姫路駅が高架化して、姫新線も高架化になり、以後、大変に気になっている構造物である。このカットでは上部のようすがよくわかるが、路盤の向きから山陽電鉄の橋梁の橋台のように見える。まわりでガンガン工事をしているが、とりあえず取り壊す空気はない。

Img_2047

もう一枚のカット。とても同じものとは思えないがたいへんに薄っぺらい構造物だということだ。アーチの構造とイギリス積の大量のれんがで、大変にりっぱな構造物である。周りの工事が済めばきっちりと拝ませてもらえるのだろう。


大きな地図で見る

GoogleMapsをみるとどうやらついこの間まで現役であったようだ。姫路駅高架化によって山陽電鉄も路線を移動させられたということのようだ。

« flowing KARASUMA(旧山口銀行京都支店) | トップページ | 神戸の近代化遺産(3)~神戸駅から海岸通へ »

近代化遺産」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

失敗した生キャラメルの案を教えて頂き
ぁりがと-ござぃました♪
失敗を恐れずに再挑戦出来ます★

今ゎ文化財としての価値がぁる建物も
取り壊される危機にぁるのに、この建物
ゎ残して貰えそぅで良かったですo


冷凍キャラメルってけっこういけるかもって思います。

で、書き込みありがとう。

「文化財としての価値」って私としてはどうでもよくなってきたような気も。最近は、美しければよいっていうのが率直なところです。あ、こんなところにこんな建物が、っていうのがいい感じ。

とりあえず。れんがは好きだなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/44253790

この記事へのトラックバック一覧です: 姫路駅構内のれんが構造物:

« flowing KARASUMA(旧山口銀行京都支店) | トップページ | 神戸の近代化遺産(3)~神戸駅から海岸通へ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense