2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 丹波の味 山椒やまぶき | トップページ | ミヤマオビオオキノコ »

2009/07/12

舞鶴近代化遺産ツアー

7月11日、オフ会的な舞鶴の近代化遺産を巡るイベントをした。参加者はべねさんとべねさんの連れ2名、べーさん、土本さん、私の6名。まわったのは、火薬廠→行永家住宅→水道施設(桂貯水池、岸谷貯水池)→芦谷砲台→神崎煉瓦ホフマン式輪窯。

舞鶴海軍第三火薬廠圧搾谷22工場

Img_3160

火薬廠は、砲煩谷(ほこだに)22工場(既報, 地図A)とべーさんの案内で圧搾谷22工場(現グリーンスポーツセンター, 地図B)を見た。グリーンスポーツセンターは火薬廠の建物(空気炸薬成形工場)を半割丸棒で巻いたりして、うまくキャンプ場の倉庫等に転用している。こんなに見やすいところに火薬廠の建物が現存しているのなら、説明表示などがあっても良いと思うのだが。

Img_3158

で、私としてはこの消火栓。このマークが若干興味深い。2重波型マークはこれのみで海軍を示す。境界杭などに入れられるマークで、一般にはこのマークの下に「海」と書かれることが多いようだが、この消火栓は錨マーク。ちなみに、この錨マークは海軍のマークではない。この錨に桜を重ねたものがもう1つの海軍マーク。というわけで、案外この海軍表示はレアモノかも。

行永家住宅

Img_3177

所在地:舞鶴市小倉831
竣工:1820(文政3)年
文化財指定:国重要文化財

火薬廠から水道施設への移動中には、火薬廠引込み線跡(地図赤線)や吉野トンネル(地図C)、松尾寺駅(地図D)を見、そして、土本さんが案内してくれた行永家住宅(重文, 地図E)。塗りこめられた垂木に目が行かずにはおれない。ピッチが一定ではないこともあり、不思議な造形である。

舞鶴市水道施設

桂貯水池
Img_3185b

舞鶴旧鎮守府桂貯水池施設
所在地:舞鶴市与保呂1751
構造:石張コンクリート造
竣工:明治33年
文化財指定:重要文化財

桂貯水池(重文, 地図F)。水が流れていないのが残念とはべねさんの弁だが、大変美しい堰堤である。左下に水門があるが、いっちょまえに扁額とキーストーンがある。

Img_3184b

扁額は「清徳霊長」で海軍中将伊藤雋吉の揮毫といわれる。キーストーンの意匠は先ほどグリーンスポーツセンターで予習済みの2重波海軍マーク。

岸谷貯水池
Img_3187

舞鶴旧鎮守府岸谷貯水池施設
所在地:舞鶴市与保呂1747
構造:土堰堤
竣工:大正10年
文化財指定:重要文化財

少し下流にある岸谷貯水池(地図G)は大正10年だが重文。スズメバチのガードが固く(笑)、写真の放水路のみ見れた。

旧舞鶴要塞

葦谷砲台
Img_3198

所在地:舞鶴市千歳
構造:コンクリート+れんが造
着工:明治30年11月
竣工:明治32年8月

グルップ式28センチ榴弾砲6門
首線方位:NE5°
射界:230°
備砲着手:明治32年5月
備砲完了:明治33年3月

葦谷砲台(地図H)。異次元空間だ。

Img_3195

Img_3207

このアールが美しい。

Img_3201b

砲台からは冠島が良く見えた。

神崎煉瓦ホフマン式輪窯

Img_3230

旧京都竹村丹後製窯所煉瓦窯
所在地:舞鶴市西神崎
構造:れんが造
竣工:大正末期
文化財指定:国登録有形文化財

神崎煉瓦ホフマン式輪窯(地図I)。現在の所有者の方の了解を得て今回は内部にも入らせてもらった。いろいろと話も聞かせていただいたうえ、最後には「また来て」と言っていただき感謝。

Img_3227

湊十二社手洗所

Img_3243

所在地:舞鶴市西神崎
構造:れんが造
竣工:明治36年

ラストはホフマンの近くにある湊十二社手洗所(地図J)。神崎れんが工場が奉納したもので井戸内部には奉納の経緯が刻まれているというが今回は失念して写真撮影せず。

というわけで、盛りだくさんの舞鶴ツアーはべーさんや土本さんとも知り合いになれて大変に有意義で楽しいツアーであった。


大きな地図で見る

« 丹波の味 山椒やまぶき | トップページ | ミヤマオビオオキノコ »

建築」カテゴリの記事

近代化遺産-北近畿」カテゴリの記事

近代化遺産-第三火薬廠」カテゴリの記事

近代化遺産-舞鶴要塞」カテゴリの記事

コメント

土曜日はお疲れ様でした。案内が無いとなかなか見られない遺構などを堪能できて
大変有意義な一日を過ごすことができました。
葦谷砲台は本当に感動モノでしたね。がんばって山登りしたかいがありましたw
また、ツアー参加したいですね。次はどこがいいでしょうか…

コメントありがとうございます。過激なツアーで楽しかったですね。このような近代化遺産めぐりは良くしますが、こんなに内容の濃いものは今までになかったと思います。

私的には、他の砲台にもチャレンジしたいです。また、赤れんかの会の土本さんと知り合いになれたことですし、赤れんがの会と連携してユニバーサル造船など普通では入れないところにも入っていくような見学会に発展させたいですね。

なお、本記事には岸谷貯水池が抜けてますのでまたいじります。地図も付けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/45616551

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴近代化遺産ツアー:

« 丹波の味 山椒やまぶき | トップページ | ミヤマオビオオキノコ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense