2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 「イチモンジタナゴ産地偽装」の件 | トップページ | 価格はamazon入力ミスか コクヨ レベルブック 超ディスカウント »

2009/10/24

舞鶴浦入砲台 朝飯前ツアー(2009.10.23)

9月21日~22日に舞鶴の明治期の砲台を巡るツアーを敢行したが、当日参加できなかった方から、浦入砲台を案内して欲しいというリクエストがあり、私としても、浦入砲台は再訪して確かめたいこともあったので、ついでもあったので、代休の23日、舞鶴の方2名と浦入砲台を訪ねた。

今回の、課題は次の3点。


  1. 水雷衛所の電纜溝と弧器室の探索
  2. 煉瓦の寸法測定
  3. 水雷衛所第1急造砲台の探索

水雷衛所の電纜溝は土に埋まっているようで確認はできなかった。弧器室については、おそらくこの写真の構造物がそれ。

39682232_4091303718_3
©J.Okuda 2009.10.23

円形部分と方形部分が合わさったような遺構であるが、たぶんこれが弧器室なのだろう。

煉瓦の寸法については

舞鶴要塞浦入砲台219.6105.058.4
海軍浦丹生水雷衛所222.8105.958.0
単位mm

という測定結果。微妙ですが、私としては、砲台と水雷衛所の煉瓦の規格は違うと判断した。

砲台は、「厚めの山陽新型」グループ、水雷衛所は「厚めの並型」グループに属すると考えられる。「厚めの山陽新型」は、旧大蔵省赤穂塩務局庁舎文書庫とほぼ一致し、浜坂の西光寺れんが塀もここに括れると考える。また、「厚めの並型」は、たつの市でよく見かける寸法。ということで、微妙に陸軍と海軍の寸法に違いが見られた。

れんがの寸法についてはこちらを参照のこと

10230005
©E.Nagai 2009.10.23

すでにべーさんから指摘があったところであるが、写真のように浦入砲台においても、目地は山目地であった。なお、金岬砲台と同じく、目線から上、もしくはスプリングラインから上については、山目地がはっきりとしない(平米地というわけでもない)ことも確認した。

3つ目の第1急造砲台については、時間の都合で、今回は見送り。再度、探索したい。


« 「イチモンジタナゴ産地偽装」の件 | トップページ | 価格はamazon入力ミスか コクヨ レベルブック 超ディスカウント »

建築」カテゴリの記事

近代化遺産-北近畿」カテゴリの記事

近代化遺産-舞鶴要塞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/46572015

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴浦入砲台 朝飯前ツアー(2009.10.23):

« 「イチモンジタナゴ産地偽装」の件 | トップページ | 価格はamazon入力ミスか コクヨ レベルブック 超ディスカウント »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense