2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 価格はamazon入力ミスか コクヨ レベルブック 超ディスカウント | トップページ | 増える“座りション” »

2009/10/26

高専ロボコン近畿大会 それは想定外(?)

10250019b_2

きのうは、高専ロボコン近畿大会。今年の会場は神戸中央体育館。嫁はんと出かけ、現地で娘も合流。3人で観戦した。

舞鶴高専の息子は今年はAチーム(低学年チーム)のピットクルーとして参加。舞鶴は、A、Bとも2回戦に勝ち進んだものの、2回戦で敗退した。

Bチーム(高学年チーム)は、もともと高得点狙いを捨て必須得点の30点を狙い、優雅な舞にかけたマシンで、2回戦敗退時に解説者に「負けて本望でしょう」と評された。

Aチームは、得点狙い(とはいえ50点狙い)のマシンではあったが、2回戦の相手和歌山Aは1回戦で60点をあげたマシン。舞鶴Aは大変に安定したマシンで、1回戦と同じくノーミスでスターカップル(2つのマシンが共同してプレゼントを台に置く)に進んだが・・・。そこには敵のプレゼントがすでに置かれていた(写真)。

昨日の大会で、プレゼント台上での交錯があったのはこの試合のみ。舞鶴Aも想定外だったようで、ひっかけようと思えば引っ掛ける方法もルールブックでほのめかされてはいたが、その準備もなく置くことができなかった。

相手の和歌山Aのプレゼントはこの事態を想定したような円錐形。舞鶴Aは重ねておくことも許されず無念の敗退となった。

結果としては、舞鶴Aは安定して動作するマシンが評価され技術賞が授けられ、舞鶴Bは舞いに技術をつぎ込むという今回のルールの真髄を理解したマシンと評価されたのだろう、審査員推薦枠で全国大会進出となった。

舞鶴Aはマシンとしてのできは完璧で、全国大会進出かと思わせたものの、ストーリーやダンスというところを軽視していることは否めず、結局、今回のルールのツボが読めていないマシンだったのかもしれない。そういう意味では、あまりにも技術賞なマシンではあった。

審査員推薦枠の全国大会出場チームはもう一つ大阪府立高専Bがあったがこちらは「オバチャンバラ」という大阪のオバチャンを題材としたマシンで、今年の審査員推薦枠はエンターテイメント性が重視されていたことは、準優勝の大阪府立Aが全国大会落選となったことからもよくわかる。

結果から見ると、今年のロボコンは点数を稼ぐなら優勝を狙うしかなく、審査員枠では結局のところ芸術性やエンターテイメント性が重視されるというまさにフィギュアスケートのような競技であった。そこが読めた舞鶴B、大阪府立Bが全国大会に進めたということになろう。

息子は、全国大会ではBチームのピットクルーに入った。息子としては初の全国大会出場となる。散髪せねば。

« 価格はamazon入力ミスか コクヨ レベルブック 超ディスカウント | トップページ | 増える“座りション” »

エレクトロニクス」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘が在学中、舞鶴で近畿大会がありました。
思い出しても熱気ムンムンで見ていて楽しかったです。 近畿大会のTV放映は11月末頃にはあるのかな?

地区大会の放送は

2009年11月15日(日) 午後 1:35~午後 2:29 NHK 総合

です。お楽しみに。

ちなみに、来年の近畿地区大会は舞鶴で開催です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/46585955

この記事へのトラックバック一覧です: 高専ロボコン近畿大会 それは想定外(?):

« 価格はamazon入力ミスか コクヨ レベルブック 超ディスカウント | トップページ | 増える“座りション” »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense