2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 多田スミス(旧竹田中学校) | トップページ | 大屋町和田の体育館 »

2010/03/14

山南町の建物

Img_0450

森林インストラクターの研修会で山南町を訪れる機会があり、いくつか興味深い建物も見つけた。

まずは、JR谷川駅(地図A)。基本的には昭和13年の竣工であるが、かなり増改築されている。昭和ヒトケタのころの駅舎(たとえば但馬三江駅)に比べるとかなりすっきりした洋風に見える。

Img_0452

特に木材に施されたこのチョウナ跡のような杉綾の意匠は、チューダー風というか山小屋風を感じさせ、洋風感を際立たせるように感じる。

Img_0451

壁面も一部はこんな感じ。

Img_0454

駅前旅館の萬年楼(地図B)。駅と同じころの建物だろうか。

Img_0462

この萬年楼、瓦が実にユニーク。菱形である。素材はモルタルか?こんな瓦を見るのは始めてである。スレートなどの石瓦では鱗形の派生として菱形に葺くこともあるが、そういう吹き方とは全く次元のことなる菱形瓦である。新築時にはかなりおしゃれに見えたのではないか。

Img_0453

駅前のタクシー会社の建物(地図C)。駅前の交通系建築の様式のようなものを感じる。

Img_0485

午後は一転して丹波竜発見地。ここには旧上久下村営発電所(1922年)がある(地図D)。オランダ積みのれんが建築。れんがの寸法は223.5mm×106.0mm×58.3mm。いちおう「厚めの並型」に区分出来そうだが、「厚めの並型」としては現時点で最大の寸法となる。長さにバラツキが大きかったので再測定したい。

このれんがは輸入品という話を研修会に参加された方からお聞きした。となると、「厚めの並型」は輸入品からの規格とも考えられなくもない。ただ、れんがが終焉を迎えようかという1922年にいまさら輸入れんがを使うだろうかという疑問もある。とくに、日本標準規格(1925年)制定直前でれんがの寸法も、「厚めの山陽新型」やこの「厚めの並型」に収束しようとしている時期なので、寸法的にも輸入れんがである根拠は薄い。ま、指定寸法通りに納品したということなら寸法と輸入品かどうかは関係ないのだが。(れんがの寸法表)

Img_0495

屋根組は木造。近年、新しい材料で復原されたようだが、おそらく当初からこういうトラスだったのだろう。煉瓦造としては標準的。

1922年に発電所を作って電気を引いたというのは、かなり進歩的であったのではないだろうか。ただ、1922年にれんがというのは当時としては決して進歩的ではない。保守的というよりは、れんがが発電所のステロタイプだったのかもしれない。


大きな地図で見る

« 多田スミス(旧竹田中学校) | トップページ | 大屋町和田の体育館 »

建築」カテゴリの記事

近代化遺産」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

参考までに、旧上久下村営発電所の絵葉書。
http://besankosyashin.blog56.fc2.com/blog-entry-354.html
ずいぶん綺麗になりましたね。

どうも、コメントありがとうございます。ツイッターのほうでは、この発電所より萬年楼の菱形瓦のほうが話題になりました。

上久下村発電所は、現在は発電機も回ってます。ま、小水力発電所という感じですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/47805111

この記事へのトラックバック一覧です: 山南町の建物:

« 多田スミス(旧竹田中学校) | トップページ | 大屋町和田の体育館 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense