2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 大屋町和田の体育館 | トップページ | 陸軍福知山衛戍病院の基礎のれんが »

2010/04/01

豊岡市江野のカンアオイ

Img_0590

2010年3月30日、豊岡市江野にて。

自宅周辺のカンアオイとずいぶん雰囲気が違う。葉っぱが柔らかそうに見えるとか、かなり大振りな感じとか、よーするに顔が違うとでもいおうか。そういえば、円山川左岸(西側)でカンアオイを見るのは始めて。ちょっと系統が異なるのかも知れない。

それと、今年は、自宅周辺ではアセビが全く咲いていないが、江野ではそこそこ咲いていたのも印象的だった。

カンアオイはAsarum nipponicum Fumio Maekawaであるが、当地に自生するものは基亜種の変種としてサンインカンアオイ Asarum nipponicum F. Maekawa ssp.nipponicum var.saninenseとされる。日本海側にはエチゼンカンアオイ A. nipponoicum var. echizen、ハルザキエチゼンカンアオイなどが生息されるとされ、分布の境界が由良川あたりにあると見られているようだ。このあたりの変種は、サンインカンアオイの変種名の著者名もよくわからず、未記載の可能性もあり型ぐらいの違いかも知れない。そういうことで、写真の植物はカンアオイ Asarum nipponicum F. Maekawa と考えている。

« 大屋町和田の体育館 | トップページ | 陸軍福知山衛戍病院の基礎のれんが »

森林」カテゴリの記事

生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/47964364

この記事へのトラックバック一覧です: 豊岡市江野のカンアオイ:

« 大屋町和田の体育館 | トップページ | 陸軍福知山衛戍病院の基礎のれんが »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense