2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/30

YAMAHAの電子ピアノ YPP-35買いました

Img_2170_2

きのう、福知山のハードオフでヤマハの電子ピアノYPP-35を2,100円で購入。1991年ごろの61鍵タイプの電子ピアノ。YPPというのは、YAMAHA Personal electronic Pianoの省略形らしい。付属品は全部付きだが、取説が欠。取説はYAMAHAのサイトからダウンロードできた。がっちりした専用台付きで標準鍵盤なので、61鍵とはいえデカイ。両端の鍵盤(C1とC6)が押しても音が鳴らない以外は完動。C6はときどき鳴ることもあるので、使っているうちに回復するかも。もっとも、こんな両端の鍵盤を使うことなどまずないだろう。

さて、なんでこいつを購入したかというと、MIDI対応の鍵盤楽器が欲しかったから。目的はMuseScoreの入力用。で、ハードオフでMIDI端子付きキーボードで安いのと思って物色していたところこいつがヒット。現在、MIDI→USB変換ケーブル(送料とも1800円)を別途Amazonで注文して到着待ちのところなので、まだ、パソコンと繋いでいないけれど、これで、我が家のパソコンにMIDIキーボードが付くことになる。

2010/12/29

足立音衛門京都本店(旧松村家住宅)洋館の基礎

Img_1857

Img_1866

福知山の旧松村家住宅の洋館(1912年)である(地図Mark_a)。この2枚の写真は、2010年10月23日撮影。前にも述べたが、この洋館の基礎はれんが積(オランダ積み)である。本日(2010.12.29)、れんかの寸法測定などをしてきたので記録しておく。

Img_2168

通風口。通風口の金物の意匠は何らかのマークであるが、当時の松村組のものなのかどうかはよくわからない。

Img_2169

れんがの目地は覆輪目地である。

れんがの寸法は、219.7mm×106.3mm×57.9mmであった。これは山陽新型の少し厚めのサイズで、見沼代用水元圦(行田市)の設計仕様書(218-221mm×103-106mm×54.5-57.6mm)(文献1)などにみられる寸法である。近場では、舞鶴市の浦入砲台(219.6×105.0×58.4)(地図Mark_b、文献2)に見られる。この寸法はれんがの寸法のひとつの収束型ともいわれており(文献3)、れんがとしては少し遅い目の建築である本物件の採るべき寸法とも言えよう。

参考文献

  1. フカダソフト, 2008. 埼玉県の煉瓦水門-樋門各部の名称と材料. WEB
  2. 永井英司, 2010. れんがの寸法表. WEB..
  3. 駒木定正, 2001. 煉瓦造の遺構および煉瓦の実測と成分分析による生産地推定に関する基礎的研究. 日本建築学会北海道支部研究報告集(74)345-352.


大きな地図で見る
足立音衛門京都本店


大きな地図で見る
舞鶴要塞浦入砲台

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense