2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 神美鉱山跡 横坑 | トップページ | KTR 田鶴野橋 »

2011/10/10

KTR宮津線 東畑橋梁

Img_0065

KTR宮津線の豊岡~但馬三江間にある小さな橋梁である(地図A)。「橋梁」としたが、これは塗装の記録表示に「橋りょう名」とあるのでこれを採ったのだが、実際にこの構造物下に水路はなく、そういう意味で橋梁ではない。架道橋か避溢橋だろうが、避溢橋という線が正解だろう。

Img_0070cr2

小さいが、実に異様な構造物だ。桁橋なのに、下にコンクリート構造物があり、しかも下の構造物は桁と接していない。このコンクリートはおそらく橋台部にかかる土圧の対策のために付けられたもので、後付けの可能性もある。というわけで、パッと見、実に威圧感のある橋である。

Img_0067cr2

このコンクリート構造物は3重にもなっている。

Img_0068cr2

桁にある銘板。例によって読みづらいが、

昭和四年(■■■ 1256)
・・・・工場製作
活荷重 E-33
鐵道省
--------------
材料
I:八幡製鐵所
C:仝上
L:日本■■■■■■
鈑:■■■■■■■■
鋲:■■■■■■所

といったところが読める。E-33といえば、余部鉄橋と同等の設計基準であるから幹線規格だ。

Img_0072cr2

線路脇に上がる小道があり上がってみるとトンネルの坑口が見えた(地図B)。コンクリートの打ちっぱなしである。


大きな地図で見る

« 神美鉱山跡 横坑 | トップページ | KTR 田鶴野橋 »

近代化遺産-北近畿」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/52958010

この記事へのトラックバック一覧です: KTR宮津線 東畑橋梁:

« 神美鉱山跡 横坑 | トップページ | KTR 田鶴野橋 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense