2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 舞鶴市でアカイカタケを発見 | トップページ | 舞鶴砲台本入稿 »

2013/07/19

2013.7.16 舞鶴砲台巡り アシウラ編 延長戦

P1030431

2013年7月16日、アシウラ編延長戦ということで、倉梯山と吉坂を回ったが結局、7月2日に回ったところの再訪なので、ますます書くことがない(笑)。新知見のみ。

冒頭の写真は、三角点マークのある一升瓶。どこかの商標なのだろうけれど、あまりに正確に「三角点マーク」。少し調べたがよくわからない。

P1030433
こちらは、吉坂副堡塁の射垜(あづち)の擁壁。単なるコンクリートではなく、コンクリートの上にモルタル塗りのようだ。面取りというか角にRがつけてある。この凝りよう素晴らしい。

P1030434
さて、福井県側の堡塁への上り口である杉森神社の鳥居脇に要塞地帯を示す石柱があることは関西電力の吉坂堡塁の案内ページにも書かれているが、今回初めて写真を撮った。

「陸軍省」

P1030435
「明治三十二年四月」

P1030436
「第五十二號」

P1030438
「8M13Z(?) 舞鶴要塞第一地帯票」

ここで、「第一地帯」という用語が出てくるが、これは要塞地帯法(明治32年法律第105号)第3条に「要塞地帯ハ陸地ト海面トヲ問ハス之ヲ三区ニ分カチ」とある3区分のうちの「第一区」を指すのであろう。ちなみに3区分は次のように定義されている。

第一区
基線ヨリ測リ250間以内及基線ト防禦営造物間ノ区域
第二区
基線ヨリ測リ750間以内
第三区
基線ヨリ測リ2250間以内

2250間というのがいかにも半端だが、これは250+2000、または750+1500ということなのだろう。

とにかく、今回で、アシウラさんの舞鶴要塞の撮影は終了。


« 舞鶴市でアカイカタケを発見 | トップページ | 舞鶴砲台本入稿 »

近代化遺産」カテゴリの記事

近代化遺産-京都」カテゴリの記事

近代化遺産-北近畿」カテゴリの記事

近代化遺産-舞鶴要塞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/57819227

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.7.16 舞鶴砲台巡り アシウラ編 延長戦 :

« 舞鶴市でアカイカタケを発見 | トップページ | 舞鶴砲台本入稿 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense