2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 生野鉱山近代化産業遺産 特別公開 | トップページ | 生野鉱山近代化産業遺産特別公開メモ(2013.9.29) »

2013/09/29

生野鉱山的アーチ積み

生野鉱山近代化産業遺産特別公開に行ってきた。で、ファーストインプレッションとしては、そのアーチ積みの特殊性である。

P1030771

写真は、オリバーフィルター室(1890年)のアーチ積み。長手積み的なアーチ積み。そのため、煉瓦の厚みにテーパーを掛けて厚みを調整している。

Img_2480

フツーのアーチ積みってどんなんかというと、上の写真のごとく、小口積み的なアーチ積み。写真は、舞鶴吉坂堡塁だが、舞鶴のレンガ倉庫も、JRのトンネルもアーチ積みといえば小口積み的なもんである。

Img_0370

ついでに旧神戸外国人居留地下水渠(1872年ごろ)の写真も上げておく。こちらは、断面から見ると小口積み的なんであるが、径が小さいため、煉瓦にテーパーがかかっている。実は、この物件以外でテーパーのかかった煉瓦を見たのは今回がはじめてである。外国人技術者が入っていたというからそういうことから、こういう特殊なアーチ積みがなされているのかもしれない。

というわけで、とりあえずファーストインプレッション。



« 生野鉱山近代化産業遺産 特別公開 | トップページ | 生野鉱山近代化産業遺産特別公開メモ(2013.9.29) »

近代化遺産-北近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/58287188

この記事へのトラックバック一覧です: 生野鉱山的アーチ積み:

« 生野鉱山近代化産業遺産 特別公開 | トップページ | 生野鉱山近代化産業遺産特別公開メモ(2013.9.29) »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense