2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« ついに神美鉱山探訪会します | トップページ | 但馬ブルーグラス・ミーティング in 八鹿(2013.12.21) »

2013/11/04

GoogleMapsで国土地理院空中写真を表示させる

国土地理院がことし6月から、ネットワークリンクで地図・空中写真を表示できるKMLファイルを提供しています(こちら)。このKMLファイルを使えば、KMLに対応したソフトウェアで国土地理院の地図・空中写真を表示できます。

KMLファイルに対応したソフトウェアといえばGooleEarthです。これは、インストールしている方も多いでしょうし、無料で入手可能です。上記の国土地理院のサイトからKMLファイルをダウンロードして、このKMLファイルを読み込むことにより空中写真や地図をGoogleEarthで表示させることが可能です。

電子国土上などでタイルマップのカタチで存在する画像データ(地図・空中写真など)は、すでにカシミール3Dで表示させることが可能でしたが、カシミール3Dの唯一の欠点はGoogleの空中写真を表示できないという点ではないかと私は思っています。

GoogleEarthで電子国土上の地図・空中写真が表示できることは、ひとつのソフトウェアでGoogle空中写真と電子国土が共存できるというメリットがあり、大変便利です。特に電子国土の地図は場所によっては、2万5千よりも精細な地図が掲載されているなど、このことにより、GoogleEarthのGISソフトとしての使い勝手が大幅に上がったと考えています。

また、見せるという点からも、冒頭の地図のように、WEB上でGoogleMapsにより電子国土を表示可能です。国土地理院もこれまでから「簡単地図作成サイト」により、埋め込み地図を作成できましたが、地図に載せる具の再編集が困難で、アップデートが難しいというWEBサービスでは致命的な問題がありました。

GooleMapsを利用した「見せる地図」では、GooleEarthにより容易に編集もできるため、維持管理上も望ましい環境だと言えます。

(さらに加筆予定)


« ついに神美鉱山探訪会します | トップページ | 但馬ブルーグラス・ミーティング in 八鹿(2013.12.21) »

GIS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/58510960

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleMapsで国土地理院空中写真を表示させる:

« ついに神美鉱山探訪会します | トップページ | 但馬ブルーグラス・ミーティング in 八鹿(2013.12.21) »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense