2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

2013年11月

2013/11/29

京都のスクラッチタイル貼りまくりの建物、消失

11080005

こちらで紹介した、鞍馬口通りと新町通りの交点にあるスクラッチタイル貼りまくりの建物は下のGoogleMapsを見ると駐車場になっているようだ。まったく出自のわからない建物であるが、おそらく昭和初期頃の建築で味のある建物で残念。

いちおう、Googleの立体写真モデルは作ってあるので大丈夫(笑)。

Photo

どういう建物なのかご存知の方、いらっしゃいましたらご教示ください。


2013/11/15

但馬ブルーグラス・ミーティング in 八鹿(2013.12.21)

1399690_725517980810783_2118859454_

但馬のブルーグラス好きが、集まって、ゆる~くジャムをしようというイベントを開催します。ブルーグラス音楽に興味のある方お気軽に参加ください。

日時: 2013年12月21日(土) 19:00~
場所: 八鹿公民館(旧八鹿文化会館) 講義室
参加費:無料

ぜひとも楽器を持ってご参加ください。参加ご希望の方はできればメールで連絡をください。

Facebook 「但馬・丹後でブルーグラスやりたい!」グループ


2013/11/04

GoogleMapsで国土地理院空中写真を表示させる

国土地理院がことし6月から、ネットワークリンクで地図・空中写真を表示できるKMLファイルを提供しています(こちら)。このKMLファイルを使えば、KMLに対応したソフトウェアで国土地理院の地図・空中写真を表示できます。

KMLファイルに対応したソフトウェアといえばGooleEarthです。これは、インストールしている方も多いでしょうし、無料で入手可能です。上記の国土地理院のサイトからKMLファイルをダウンロードして、このKMLファイルを読み込むことにより空中写真や地図をGoogleEarthで表示させることが可能です。

電子国土上などでタイルマップのカタチで存在する画像データ(地図・空中写真など)は、すでにカシミール3Dで表示させることが可能でしたが、カシミール3Dの唯一の欠点はGoogleの空中写真を表示できないという点ではないかと私は思っています。

GoogleEarthで電子国土上の地図・空中写真が表示できることは、ひとつのソフトウェアでGoogle空中写真と電子国土が共存できるというメリットがあり、大変便利です。特に電子国土の地図は場所によっては、2万5千よりも精細な地図が掲載されているなど、このことにより、GoogleEarthのGISソフトとしての使い勝手が大幅に上がったと考えています。

また、見せるという点からも、冒頭の地図のように、WEB上でGoogleMapsにより電子国土を表示可能です。国土地理院もこれまでから「簡単地図作成サイト」により、埋め込み地図を作成できましたが、地図に載せる具の再編集が困難で、アップデートが難しいというWEBサービスでは致命的な問題がありました。

GooleMapsを利用した「見せる地図」では、GooleEarthにより容易に編集もできるため、維持管理上も望ましい環境だと言えます。

(さらに加筆予定)


« 2013年10月 | トップページ | 2014年2月 »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense