2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« コウモリ捕獲記録(装着標識番号)を公表します。 | トップページ | 沖浦鉱山跡のコキクガシラコウモリ »

2016/01/09

テンボの防空監視哨

1327
防空監視哨のものと思われる基礎とアンカーボルト

コウモリの探索の下調べとして兵庫県美方郡香美町香住区沖浦の沖浦鉱山についてネット調べていると、香住区上計に防空監視哨跡があることがわかり[1]、こちらにも行ってみたくなった。

1155
花見峠への峠道

まずは花見峠を目指す。花見峠への峠道は幅員も広く軍道を思わせるほど立派な道だ。

1220
花見峠の宝篋印塔

峠には宝篋印塔がある。裏面には文政7年(1824年)建立とある。かなり、立派な宝篋印塔である。

1326
防空監視哨のもののと思われる基礎

1302
防空監視哨のもののと思われる瓦

13001
骨材は川石

1250
遺構付近で見つけた瓶

遺構はあった。3間×2間ほどの木造建築物の基礎のみ。瓦の破片が見られることから瓦葺であったと見られる。骨材は砕石ではなく川石(玉石)であることから防空監視哨の遺構と見て間違いなかろう。遺留品としては無銘の緑ガラスの瓶があったが監視哨関係のものかどうかは不明。

1235
素掘りの穴

頂上付近には素掘りの穴が2〜3個あるがこれは綾部の高射砲陣地にあるものに(ひと回り小さいが)似ている。高射砲があったとは言わないが、偽装砲(ま、ホウキの柄ww)くらいはあったのかも。

----2月9日附記------
この穴は炭焼き窯の可能性もある。今まで白炭窯しか意識していなかったが、黒炭ならこの形状でも焼けるのかなと。

1314
三等三角点

遺構脇に三等三角点。これがなかなか見つからなかった。

1257
テレビの共聴アンテナの残骸

テレビの共聴アンテナも「遺構」レベルの残骸が少なくとも3箇所で見られた。集落ごとに中継所があったのかも。

1426
頂上付近からの眺望

頂上付近、スカッとした眺望は木の枝に遮られる。

峠道で見られる碍子

1214
峠道で見られる碍子

峠道では碍子が散見される。峠道で見つけた碍子には数字が入っていた。数字の入った碍子は初見。

上の写真は登るときに見つけた碍子群。このTKマークは以前夜久野鉱山で見たことがあると思ったけれと、夜久野鉱山のはTの字の横棒が直線。

P1040117
夜久野鉱山の碍子(2014.3.29撮影)

それはともかく、最初右上の碍子をみて、「1925 6」と5と6の間にスペースがあるように見えて、1925年6月かなと思ったのだが、左下のは「19256」とまったくスペースがない。これは製造年月ではないのかなと思った次第。

1503
下山時に見つけたTK碍子

ところが下山中に別のを見つけた。若干判読がビミョーだけれど、「1920 8」とも読める。 .

1510
日本碍子のマーク入りの碍子

3枚目も同じく下山途中。これは、日本碍子(現在の日本ガイシ)のマーク入りだが、1929。日本碍子のマーキングは美しい。

帰ってネットで調べてみると、碍子のマーク付近の数字は、

と、すべて1900代。となると、これはやはり製造年としか考えられない。

このようなことから、花見峠の峠道の碍子は1920年代製造と考えざるをえない。そうすると、テレビ中継所の電源供給用の碍子とは考えられない。峠道を通して電気を送っていたということになるのかな。

[1] 柴山ふるさと教育応援団編, 2012, 柴山ふるさとガイド, 香美町教育委員会

« コウモリ捕獲記録(装着標識番号)を公表します。 | トップページ | 沖浦鉱山跡のコキクガシラコウモリ »

近代化遺産」カテゴリの記事

近代化遺産-北近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/63068677

この記事へのトラックバック一覧です: テンボの防空監視哨:

« コウモリ捕獲記録(装着標識番号)を公表します。 | トップページ | 沖浦鉱山跡のコキクガシラコウモリ »

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense