2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

近代化遺産-京都

2016/05/08

舞鶴博奕崎で拾った蓋付き瓶、開封の儀

10591

舞鶴博奕崎で2016年4月23日に拾った瓶は、古そうな瓶としては珍しく蓋がついており、中に液体が入っているというある意味珍品であった。
なお、作業前の写真は撮り忘れており、写真は開封後の写真である。

1059

また、この瓶は完全な無銘ではなく、底部に「改」文字が入る。

1013

蓋部分には何かが膠着しており、先日一度挑戦したが諦めたところである。しかし、日向に置いておいたところ、直射日光で温められて膠着した物質が少しやわらかくなっているようで、本日再挑戦。
膠着している物質はピッチのようで、ひょっとすると、蓋をしたあとピッチで封じたのかもしれない。何が入っているのだ。
写真は、蓋部分のピッチを半分ほど取り除いたところ。

ある程度、ピッチを除去すると、なかかから気泡が出てきた。そして、なにか揮発性物質の香りが。溶剤系の臭いか、嗅いだことはある臭いだがどこで嗅いだのだろう。そして、臭いは記録がむずがしい。悪い臭いではないのだが。

1018

そして、蓋を動かすと、思いの外、簡単に蓋が開いた。

1019

中には液体が入っている。

10192

いい感じの擦り合わせのガラス製の蓋。

10221

そして、内容物。驚くほどの透明度だ。

1031

ここに至るまでに、外部のクリーニングはほぼ終えたが、内部のクリーニングは手こずりそう。
L(蓋なし)=193mm φ=72.2mm
というわけで、大丈夫、まだ生きてます。

2016/03/13

また、葦谷砲台

1042

瓶のこともあって、2週間連続で葦谷砲台。で、ユビナガコウモリ1頭。先週は、キクガシラコウモリ6頭だったが、キクガシラコウモリは見られず。動き始めてるな。


舞鶴市佐波賀のベーハ小屋

1348

舞鶴市佐波賀にあるベーハ小屋です。4連!
浦入砲台行ってみようと思ったのですが、ハンターがいたので止めて、めったに通らない千歳〜佐波賀〜平を通ったら思いっきり目立つところにありました。

1348_1

こういう海に近いところでも煙草はやってたんですね。なんとなく、海に近いところでは栽培していないようなイメージを勝手に抱いていたので、かなり意外な感じがします。

1422

平のこれも撮影。もうちょっと時間かけて撮りたい。


2016/03/06

葦谷砲台で見つけたびん

14381_2

2016年3月5日、葦谷砲台を訪れた。もう、度々来ており、そう新発見もなかろうと思っていたが、地籍調査が行われており草刈がおこなわれていることと、シカの食害による下層植生の衰退が激しく、いままで見たことのなかった標柱を見つけたり、瓶も19本見つけることができた。本項ではびんについて述べる。

アルファベットは混乱を避けるためにびんにふった固有記号である。また、びんに表示されている文字はアルファベット以外は例外なく右から左へ書かれているが、文中の表現は左から右へ書く。


大日本麦酒

びんB

1458_b

びんBは、透明のびんでサイダーのびんと考えられる。側面下部に「大日本麦酒株式會社製造」、底面には星マークと星の下に「2」と記されている。

びんDとEもびんBとほぼ同様である。ただし、底面には星マークの他に、Dでは星マークの左に「9」、下に「A」、 右に「1」が記されている。Eでは星マークの左に「10」、右に「6」が記されていた。
 

びんL

1543l

びんLも、透明のびんでサイダーのびんと考えられる。上述のB, D, Eに比べてずんぐりむっくりな感じがする。

側面下部に「大日本麦酒株式會社製造」と記されているのはBDEと同じであるが、Lでは側面肩部に「登録(マーク)商標」と商標が記されている。

1543l1

商標を拡大表示するとこんな感じである。大日本麦酒のイニシャルDBをデザイン化したものと思われるが初見。サイダー向けの商標なのかも知れない。

大日本麦酒は上記の4本を見つけたが、いずれも透明のサイダーびんであった。大日本麦酒の存在期間は1906-1949年。


日本麦酒鉱泉

びんC

1458_c_2

透明のサイダーびん。側面下部「日本麦酒鉱泉株式會社 登録(三ツ矢マーク)商標」 底面は無銘

1506_2

側面下部の三ツ矢マーク拡大。

びんD2もCと同様。ただし、底面に「1」とのみ記されている。

びんH

1517_h

びんC、D2と比べてかなり緑色を帯びたサイダーびん。側面下部表記はびんCと同じ。底面に「5」と記されている。

びんH2もHより緑味が弱いもののだいたい同じ。底面の記号についてはメモ忘れ。

びんI

1534i

茶色のビールびん。側面下部「NIPPON BEER KOSEN CO. LTD. 」。底面には「4-2」と記されている。

びんP

1546op

左側がびんP。びんPも、Iと同様。底面記述についてはメモ忘れ。右側はびんO(後述)。

日本麦酒鉱泉の存在期間は1921-1933年。


三ツ矢平野水

びんF

1512_f

15121

びんFは王冠非対応である。側面表示はなし。底面には三ツ矢マークと「三ツ矢」の文字。

三ツ矢平野水〜三ツ矢サイダーの王冠導入は三ツ矢平野水時代の1901年であるから、このびんは、三ツ矢平野水のびんで、1901年以前のものと考えられる。

また、葦谷砲台の備砲完了は1900年3月なので、このびん(の内容物)は1900〜1901年に消費された可能性が高い。可能性としては、葦谷砲台調査開始まで遡れるが、着工は1897年。せいぜい1895年くらいまでか。


櫻麦酒

びんJ

1537j

櫻麦酒は初見。

側面底部に「SAKURA BEER」。側面肩部には「登録(桜マーク)商標」。

サクラビールの存在期間は1912-1943年。


麒麟麦酒

びんK2

1541k2

これは極めてふつうの麒麟麦酒。肩部に「キリン(商標)ビール」。

びんM

1544m

下部のかけらだが、側面下部に「(商標)商標」。たぶん、「登録(商標)商標」なのだろう。

下部にこの表示は初見。


金線飲料

びんG

1514_g

側面下部に「金線飲料株式會社製造」。側面肩部に「KINSEN」。底部にマルBと「19」。

金線飲料株式會社の存在期間は1915-1925年。


BNK

びんQ

1553q

「BNK」の銘入り。BNKではよくわからないが、Nが大きく書いているので、これを最初に読んで「NBK」なら、日本麦酒鉱泉の可能性あり。


無銘

びんA

14583

いわゆるラムネびん。

びんK

1539k

直線的な形状が特徴的。無銘だが底面に「A-6」。

びんO

1546op

写真左側がびんO。緑色の一升瓶。

写真右側は日本麦酒鉱泉のびんP。

葦谷砲台

14381
なにをいまさらな葦谷砲台。ちょっとコウモリチェックもと別件と合わせて立ち寄った。

正面の掩蔽部、目を凝らしてみていただくと、窓に格子が嵌っている。これは、例の映画のロケの時に取り付けられてそのまま放置されているのだろう。

14411

1440
コウモリは、キクガシラコウモリ6頭が越冬中。はい、おしまいでよかったのだけれど、来たからには少しうろつく。

14502
「眞子午」と書かれた標柱。こんなんあったっけ。

このあたり、地籍調査が入ったようで、このあたりの標柱も測量されている。天面のスジに色が入れられているのはおそらくそのせい。このときに、刈り払いも行われたのかも。それでなくでもシカががんばってくれている。

「眞子午」は観測所の位置の正確な南北線を示すための標柱のようだ。写真は観測所北側のものだが、南側にも同じものがあった。

14512
こちらは、高さの基準を示す標柱のようだ。「213m90」らしい。フォントがおしゃれだ。

地籍調査とシカががんばっていただいたおかげで、今回、たくさんの瓶を見つけることができたのだが、それは、項をかえて書く。


2016/03/05

舞鶴海自関連施設

Screenshot_from_20160305_080458

1947年撮影の舞鶴某所の空中写真。なにかとてつもなく大きな土工が行われているように見える。巨大な擁壁が作られているようにも見える。

Screenshot_from_20160305_080638
同じ場所のグーグル写真。土工は完了していて、一番奥になにか建物が見える。おそらく戦争中に工事が始められて、戦後も工事が続けられたということのようだ。となると、海軍〜海自という流れなのか。あるいは、単に海軍の残土処理場で戦後民間が継続して使っていただけかも知れない。

1245
というわけで、行ってみた。予想通り立入禁止の措置が。「舞鶴警備隊司令」とあるから、やはり海自関連施設だ。
立入禁止は予想できた。で、立入禁止の場合は南東側の山に上がって遠望してみようと。

13521
遠望。コンクリートの大きな法面がみえる。手前あたりは、少し前まで病院があったようであるが、きれいに片付けられて痕跡は何もない。

1256
山に入ってさっそく、いかにも海軍な石で固められた溝が。

13001
そして、第三火薬廠あたりでよく見かけるような感じのプール。

1341
プールには、トノサマガエルやら、

1342
ニホンヒキガエル(おそらくアズマヒキガエル)が。トノサマガエルはともかく、ヒキガエルはプールから出れるのか?

1324
遠望できた「残土処理場」。グラウンドのように平らだ。演習場?

13171
最奥分の建物遠望。新しいようなそうでもないような。ま、古いものではなさそう。

1343
というわけで退散。退散時に見た土管。

1348
これは、もう病院敷地近くのプール。病院関連施設かも。ただ、こういう縁に傾斜が付いているプールも第三火薬廠にあったような気も。

というわけで、とりあえず見てきた。


石原飛行場航空隊指揮所近況

1113

2016年3月5日、近くに用事があったので、立ち寄った。昨年12月23日に訪れたばかりではあるが、もしやコウモリはという期待もあっての再訪だ。

ところが、写真のごとく、激しく落書きが増え、悲惨な状況である。おそらく高校生のたまり場にでもなっているのだろう。お菓子のゴミもかなり溜まっている。コウモリもいないはずだ。なすすべがないとはこのことか。僕とコウモリの出会いの場所という僕にとっての記念碑的な近代化遺産でもある。非常に残念。


2016/02/06

佛性寺鉱山跡

Screenshot_from_20160207_121513

佛性寺鉱山は「福知山の自然遺産」に位置が図示されていて(冒頭の図)それによると、標高500m程度の山の上にあって、国土地理院の地図では道はない。ちょっとした登山になるなと思いながら現地調査に臨んだ。

GoogleMapsの空中写真をみると青少年センター近くから作業路が近くまで上がっていそうである。しかし、現地では、この作業路の取っ付き(府道に面したところ)に立入禁止の表示と厳重なバリケードが。「立入禁止」なので、歩いて入るのも憚られたので、如来院の奥の砂防堰堤下に駐車してここから歩いて登ることとした。

1334

歩き始めてすぐ古いビール瓶を見つけた。大日本麦酒のびんだったがDAINIPPON BREWERY CO. LTD.表示のものは初見。今まで見たのはすべてDAINIPPON BEER。

13341

底のマークは例によって星マーク。割れてはいるもののたいへんに美しいびんである。

1337

ミツマタは、もうすぐにでも咲きそうな感じ。

1408

南側の尾根に出て、旧公団の作業路に出た。少しではあるが作業路を歩く。

1411

旧公団(現;森林総合研究所)の看板。赤丸が現在地。この看板のところで作業路から離れて、左側の歩道に入っていく。

14181

1419

木製のなんかの遺構2個。ボルトが見えるのでなんかの遺構なんだろうけど、鉱業系とは限らず林業系かも知れない。

1436

穴発見。「福知山の自然遺産」の地図よりかなり東側。坑口は狭いがかろうじて入れる。中は広いが奥行きは10m程度。コウモリは居らず。

Screenshot_from_20160207_121513_2

穴の位置は、赤矢印のあたり。崩壊地の上になる。

1527

「福知山の自然遺産」で三角マークで図示されたあたりに行ってみたが、穴は見当たらず。で、赤矢印で決まりかなと。

1517

カンアオイみっけ。なぜか気になるカンアオイw

1559

ということで、公団作業路で下山。ヘヤピンのところで作業路から離れて左側へ降りて無事堰堤に戻れた。

府内で唯一の輝水鉛鉱の鉱山で、六角柱状の美しい結晶が昭和8年に発見された。モリブデンの鉱石である。モリブデンは銀白色の金属で、合金材料、耐熱材料、電子機器材料などに利用される。また、兵器生産に欠かせない特殊鋼の原料として戦争中の重要資源であったが、昭和20年、終戦とともに閉山した。母岩の粘板岩が、花こう岩の貫入により熱の影響を受けてできた数cmの石英脈が周辺に見られる。輝水鉛鉱の他に黄銅鉱・黄鉄鉱・磁硫鉄鉱なども産したが、現在は坑道入り口が残るのみ。(「福知山の自然遺産」より)

富国鉱山跡

1049

厳重に守られた坑口の写真は見たことがあっておそらく施錠されているのだと思いながらもダメ元で来てみたが施錠はされておらず立入禁止の表示もなかったので入れさせてもらった。

10491

坑道は15mくらいの短いもの。坑木で固められた坑道は坑木がバキッといけばおしまい感満載でスリリング。あと何年持つかなあ。

コウモリはおらず。坑木の濡れた感が嫌いなのか、入り口の隙間が狭すぎるのか。プライヤキリバもおらず。

1109

富国鉱山は、明治20年代が最盛期で今は廃坑になっている。国内でも数少ない金属元素ビスマスを含む自然蒼鉛などの鉱石や、その他、黄鉄鉱なども見られる。中生代三畳紀の頁岩・砂岩の中にできた鉱床。(「福知山の自然遺産」による)

2016/01/31

旧塩津トンネルほか

1033

コウモリ探索のため、福知山市〜丹波市の塩津トンネルと朝来市上八代の穴を訪ねるが、コウモリ的には坊主。塩津トンネルで1頭、飛んでるような気もしたが。

旧塩津トンネル

10161

10211

朝来市上八代の穴。試掘坑と思われる。グアノは堆積しており、ほかの季節は利用している模様。2014年3月29日にキクガシラコウモリ1頭を確認している(記事はこちら)。

1311

1312

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense