2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

携帯・デジカメ

2010/05/22

E30HTでWinMoSquareを使ってみた

Fs01

twitterで気になるサービスであるFoureSquareであるが、これは、自分が訪れた場所でGPS付きスマートフォンで専用アプリでつぶやくというアクティビティであるが、Windows Mobileでできるんかなぁと思いながら忘れる努力をしていたが(笑)、調べてみると専用アプリがちゃんとある。WinMoSquareというアプリでこちらから入手できる。

ただし、.NET Compact Framework 3.5が別途必要で、それはこちらから入手できる。

冒頭は、起動中の画面。例によって"DEMO"が表示されているのは、お試し版キャプチャーソフトのせい。

Fs02
起動が完了するとこの画面になる。もっとも、最初に起動させたときは、FoureSquareやtwitterへのログイン画面になる。この画面で、CheckInをタップすると、

Fs03
GPSが生きていれば、現在地の直近の登録された箇所が表示される。ターゲットがここにあれば、それをタップ。

Fs04
すると、この画面になるので、うえの枠の中についでのつぶやきとかを入れて、送り先にチェックを入れてCheckInをタップすると、twitterとかに送れる。

Fs05
CheckInしたい箇所が登録されていないときは、最初の画面でAddVenueをタップして登録することができる、上が登録画面。GPSが生きていれば、緯度経度はすでに入っているから、とりあえずNameだけ入力すれば登録できる。

というわけで、まあまあ使えるのだけれども、問題点も多い。

まず、CheckInをタップしたときにGPSが衛星を補足するのに時間がかかるとハングアップしてしまう。また、アプリ動作中にToday画面に戻るとアプリは終了(異常終了)してしまう。異常終了したときは、WinMoSquareを再度起動しようとしても機動できない。デバイスを再起動してやらないといけない。

したがって、予め他のアプリでGPSに衛星を補足させてやってから、WinMoSquareを起動させた方が安心ではある。なんか、だましだまし使っている感じだけれど、ま、FoureSquareができないよりはできた方がましだと思うなら、使ってみる価値はあろう。

===2010.5.25 追記====
導入当初はちゃんと使えていたのだけれど、おとといあたりから、

Invalid attribute value: private false

とか

Invalid attribute value: private true

とかいうエラーメッセージが出るようになって使えなくなった。同様の症状は、こちらにも報告されおり対応策も書かれているが、Windowsのアップデートで直ったという人もいるようだがもひとつよくわからん。とりあえず、欲求不満を抱えながらも、WinMoSquareのバージョンアップ待ちかなと思っているところ。ちなみに現在使用しているバージョンは2010.5.5.1.

===2010.5.26 追記 ===
上記の問題はこちらからパッチの当たったファイルをダウンロードしてとりあえず回復。

E30HTでモバイルGoogleマップ 4.1.0 を使ってみた

Gm01

E30HTで、紆余曲折の末、モバイルGoogleマップ4.1.0をインストールして快適に使っているのでメモしておく。なお、キャプチャー画面に"DEMO"と入るのはキャプチャーソフトがお試し版だからである(笑)。

インストールはE30HTにてIEから行う(ここ大事)。http://m.google.com/にアクセス。

G01

ここで、マップを選ぶとバージョン4.1.0が、Latitudeを選ぶとバージョン4.0.0がインストールされる。よーわからんけどそうなっている。

G02

ま、マップを選んで4.1.0をインストールする。で、起動させて、GPSをオンにしたり、航空写真を表示させたり、Latitudeの設定をしたりすると冒頭のような画面になる。GPSオンで現在地モードだと、常に現在地が画面の中央に表示される。

Gm02

経路を設定して地図表示すると簡易ナビになる。「タッチしてストリートビューを表示」って聞き捨てならん。タッチすると、

Gm03

ストリートビューが表示される。で、あ、この交差点ねということになるのだろう。矢印の方に曲がってねである。

Gm04

イッチョ前にレイヤー機能がある。

Gm06
[ファイル]-[開く]っていうシステムはないんだけれど、ファイルエクスプローラからKMLファイルをタッブするとモバイルGoogleマップが起動してKMLファイルがフツーに表示される。

Gm05

検索時には、音声入力が使える。使ってみたが、認識はけっこうイケる。

あと、Latitudeもこれでできるから、GIS系はこれでバッチリかな。ストリートビューは強みだろう。


2010/02/19

Paint.NETで写真にシフトレンズ効果をかける

Img_3088

写真は京都市役所の写真だが、クルマの車窓から撮った適当写真である。ま、適当写真は適当写真なりに撮れているのではあるが、こいつのパースペクティヴが調整できたらと前から思っていた。

銀塩写真のころはそういうことをするにはシフト効果をかけることのできるレンズを使う必要があった。

高い。

しかし、今やデジタルカメラの時代である。ソフトウェアでなんとか出来るだろう。じゃ、どのソフトで?ということになるとやっぱりフォトショップかなと思っていた。これもやはり高い。

で、フリーソフトのPaint.NETである。ひょんなことからこのソフトの存在を知り、多機能が売りのこのソフトならシフト効果も掛けれるかなと試してみたところ、

Img_3088aj

この写真が得られた。ま、調整がうまくできいるがどうかは別として、狙ったものは実際の鉛直線をすべて鉛直に平行に調整してみた。こういうのがシフトレンズのメリットである。建築写真はこうでなくっちゃである。

おお、できるやん。ということで、しばらくは、これにハマリそうかも。

2010/01/03

E30HTのUSB端子

Img_0003 Img_0004

明けましておめでとうございます

いきなりではあるけれど、というか、あいかわらずE30HTネタ。さて、E30HTのUSBコネクタ形状は最初の写真のようにフツーのmini-B(2番目の写真)とは違う形状で、この形状の違いは全く違うものだという自己主張なのだろうと思っていた。しかし、寝屋川の実家であやまってmini-BをE30HTに差して使っていた。別に使える(笑)。

まず、物理的にはなんのストレスもなく差さるし、充電とデータのやり取りは問題ない。いまんところ、USBコネクタはこの2つの目的にしか使っていないので、この用途であれば、フツーのmini-Bのケーブル(最近、身の回りにいくらでも転がっている)で大丈夫である。

よく見ると、E30HT端子用のケーブルには、写真で下側に6個の接点がある。この部分が拡張部分と思われるが、おそらく、USBヘッドセットとか向けの拡張なのだろう。充電とデータ転送に関してはまったく問題ない。ちょっと騙されていた感じ。

2009/12/29

E30HT 2週間

Img_0007

E30HTを手に入れて2週間になる。Bluetoothレシーバーも購入して、音楽&PodcastもE30HTに移行した。現時点での問題点は、

  • ブラウザでtwitterを見ると文字化けする。twitterはMZ3iを使うこととしたのでとりあえず問題はないが
  • mixiの携帯向けサイトが見られない。wasabiというブラウザで見れるということでwasabiも導入したが見られない。ま、そもそもmixiは携帯で追いかけないといけないほどのユーザーではない。MZ3iでmixiも見れるのだが、ほとんど見ていない。
の2点くらいかなぁ。その他は、Skypeもできるし、音楽のPCとの連携もLismoとかと比べると超楽ちんだし、携帯メールが使えないこともCメールは受信のみ使えるのでそれほど不便でもない。PCと携帯とGmailとでアドレス帳を共有できるのもめちゃくちゃ便利。

PCと携帯とのスケジュールの共有もつなぐだけでできるので、自宅PCと職場PCもE30HTを介してシンクロ出来ている。いまや、手書きの手帳をシンクロさせるのに苦労しているところ。もう、手書きの手帳はいらんかな。1月から、スケジュールに関しては手書き手帳は休んでみようと思う。

というわけで、WindowsPhoneはOutlookとの親和性が高いので、そっち向きは、かなり快適であるし、ケータイのしがらみから少し開放されている分、音楽プレーヤーとしても快適である。ま、満足。

さて、このBluetoothレシーバーだけれど、充電しながら使えるのはいいけれど、車載状態でシガーライターソケットから充電しながら使っているときに、エンジンを止めてエンジンを再始動させるときに電源が落ちる。そうするともう一度ペアリングしないといけない。これはめんどうなので、電池は少なくとも2時間くらいは持つようだから、できるだけ電池で運用している。ま、電池で運用すれば快適である。

DSPのようなものが入っていて、ヘッドホン用の音場設定なんかもあるが、デフォルトがヘッドホンモードでこの状態ではスピーカーからは聞き取りにくいので、いちいちスピーカーモードに切り替えてやらなければならない。これは、ペアリングが解除されるたびにデフォルトに戻る仕様で、わりとめんどう。慣れてきたけれど。

このヘッドホン用の音場設定は、ヘッドホンで聞くとなかなかよくできている。

不満はその2つくらいだけれど、全体的には音質もそこそこで、ノイズも気になるほどではない。少なくとも、前に使っていたW52Sをカーオーディオに直結したときよりは音質はよい。ま、これはWMPでMP3ファイルを直に再生しているというのがきいているのだろうけれど。

2009/12/20

Windows Phoneのwifi接続が少し安定する

Windows Phoneのwifi接続が不安定なことを書いたが、娘が大阪で使っていたfonルーターがあったのを引っ張り出してきて、付け替えてみた。ついでに、fon_apに接続してブラウザからIDをパスワードを入力して「接続」にするといまんところかなり安定して通信出来ている。

いろんなことを一度にしたので何が良かったのか断定できないが、どうも、WAPがうまく設定できなかったのかもしれない。ま、ど田舎なのでWAPだろうがOpenだろうが関係ないのだけれど、fon_apからいまんところつなげられるので当分はこれで様子をみる。

さて、このE30HTだが、端子は専用形状のUSB1個のみだ。付属品は反対側にフツーのパソコンにつなぐ端子を持つUSB接続ケーブルとこの独自形状USBにつなぐイヤホンマイクのみ。ということは、軽トラの外部入力ミニステレオ端子につなぐすべがない。カーオーディオのソースとしてもこいつには頑張ってもらわらないといけない。

Amazonで物色するとこの形状のUSBをミニステレオ端子メスに変換するアダプターはあるが1500円くらいする。しかも、この端子をそれに使っちゃうと充電しながらPodcast聞くということができない。

というわけで、そんなショボイ変換アダプターに1500円もだすくらいなら、Bluetoothに行こうということで、BluetoothレシーバーをAmazonで注文した。Bluetoothで受けたものをステレオミニに出力(なんとオスメスともに実装)するだけという単純なものだが、レシーバー自身の充電をシガーライターソケットから行える充電器が付属する。3500円と少し高いが、「A2DP」「AVRCP」に対応ということなんだが、マイクは繋げない。課題は残るが、軽トラではコードレス接続ができるのが大変に嬉しいところ。インプレッサではBluetoothでこいつに飛ばしたものをさらにFMトランスミッターに流してFMで飛ばすという2段飛ばしで運用予定。ノイズはどうかなぁ


携帯をWindows Phoneへ機種変更

12200001

携帯の機種変更をした。auのE30HT(HTC製 Windows Mobile 6.1搭載)である。もう1週間になるがなんとか使えるようになってきたのでやっとブログへ記述することにした。

さて、iPhoneな世の中でなんでWindows Phoneやねんというところであるが、それは結局のところauへのしがらみである。家族全員がauである我が家としてはau以外への会社へというのはちょっと勇気がいった。それと、出て半年たつ本機は比較的廉価で、フツーのau最新型携帯の3分の2程度の価格であったことも大きい。

巷では口端にも登らぬ本機を使うのはまさに茨の道であることは重々承知していたが、もともとメインストリームを進むのは私の本義でもなく、茨の道であることは、ま、ひとつの修行(勉強)というわけでもある。

1週間ほど使ってみて強く感じるのは、わざわさフツーの携帯から乗り換えてなんかメリットあった?という疑問だ。インターネットがブラウザで出来るのはいまどきのケータイでは普通のことであり、そうなるとメールがフツーの携帯のように扱えないという不便がかなりデメリットとなる。

いまんとこのメリットしてはActiveSyncで、パソコンのOutlookなどとデータの共有ができるということで、これについては、ここには書けない(笑)大きなメリットがあった。WindowsMediaPlayerが使えるので、ありとあらゆる形式の音声ファイルに対応出来ることも大きなメリット。これもActivSyncとのあわせ技が使える。とにかくActiveSyncは大変に便利。

直面している問題点はWifiが大変に不安定であること。我が家のfonルーターとの相性が悪いようだ。接続状況が悪くなるとComm ManagerでワイヤレスLANを切ってつなぎ直すとよくなることもあるが、それでも治らない時はfonルーターをソフトリセット(電源を抜いて入れ直し)すると治る。ま、このあたりが今後の課題である。

というわけで、これから若干マイクロソフトよりに針路を換えざるえない状況となったが、それはそれでいいかと思っているところ。

2009/08/22

G9で天の川を撮る

Img_4010

今夜は星空がきれいで天の川も見えるので、Canon G9で天の川が写るのか試してみた。ASA1600、15秒 F2.8でとってみたところ、ノイズはひどいが、天の川は写っている。画像をクリックすると拡大画像が見れるのでそちらを見てほしい。まんなかあたりで縦にぼやっとしているのが天の川である。ちなみにASA800では、天の川は確認しづらかった。

ま、このあたりのノイズ対策がコンデジとデジ一の違いかなというところ。僕としてはまずまず写ったと思っているところ。

2009/08/17

LUMIX DMC-LC20

Img_3868

15日に大阪日本橋にて購入。付属品ナシで、980円。ま、いまどき200万画素のカメラだからなぁ。でも、デジカメって200万画素もあれば十分だろうなぁ。上の写真ももちろん200万画素も使っていない(CanonG9で撮影)。

付属品ナシなので、SDカード1G440円とアルカリ電池4本100円も購入。とりあえず使えるようになった。まあまあの使用感。今の立ち上がりの早いカメラに慣れていると立ち上がりの遅さにいらいらしないでもないけれど。電池の減りが早いような。やはり単三2本というのがつらいのかも。

しかし、LEICA VARIO-ELMARIT レンズでっせ。ここがなによりそそる。

ま、息子用。

2009/01/23

G9専用ケースを買った

Sn3a0129

ヤフオクでキャノンG9の専用ケースを落札。なんせ、カタログ落ち直後に中古扱いでカメラを買ったのだけれど、そのときにはもう専用ケースは売っていなかったのであった。

しかし、カメラ以上に悪ノリのケースである。とくに、三脚ねじ穴にねじ込みで固定するケースってレトロだ。

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense