2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

森林

2010/04/28

アツミカンアオイに関するメモ

但馬産のカンアオイについては、いままで、このブログではカンアオイ、あるいはカンアオイの変種のサンインカンアオイという名を使っていたが、最近、但馬産カンアオイをアツミカンアオイと称する向きがあることに気がついた。

但馬地域に生息するカンアオイを最初にアツミカンアオイとしたのは、武田久吉さんという植物学者で、サンインカンアオイがどうも未記載らしいということもあり、人と自然の博物館や神戸大学では、但馬地域に生息するカンアオイをアツミカンアオイとしている。

一方、但馬に産するカンアオイを種カンアオイの基亜種の変種サンインカンアオイであるという考え方は、アマチュアの植物やっているひと(山野草愛好者含む)や、昆虫系(とくにギフチョウ)をやっている人に広く受け入れられているが、このサンインカンアオイは学名を持つものの、記載が不確かで、未記載の可能性が高い。

サンインカンアオイが未記載であれば、アツミカンアオイであるとする方が合理的ではある。ただし、種カンアオイとサンインカンアオイは変種の関係だが、種カンアオイとアツミカンアオイは別種となる。

つまり、サンインカンアオイ説を採るのであれば、種カンアオイの変種なのだから「カンアオイ」と称するのはまちがいではないが、アツミカンアオイは種名でカンアオイとは別種なのだから、アツミカンアオイ説を採るのであれば「カンアオイ」という呼び方は許されず「アツミカンアオイ」と称さなければならない。

過去には、アツミカンアオイはカンアオイの亜種とされていた時期もあり、そのころならば、サンインカンアオイを採るよりアツミカンアオイという考え方はアリだっただろうが、アツミカンアオイがカンアオイと別種であるという現在では、若干、但馬産カンアオイをアツミカンアオイとするのは若干苦しいような気もする。

いずれにせよ、カンアオイ類の分類はかなりひずみが生じているということは否めず、大鉈を振るう再整理が待たれるところである。

2010/04/01

豊岡市江野のカンアオイ

Img_0590

2010年3月30日、豊岡市江野にて。

自宅周辺のカンアオイとずいぶん雰囲気が違う。葉っぱが柔らかそうに見えるとか、かなり大振りな感じとか、よーするに顔が違うとでもいおうか。そういえば、円山川左岸(西側)でカンアオイを見るのは始めて。ちょっと系統が異なるのかも知れない。

それと、今年は、自宅周辺ではアセビが全く咲いていないが、江野ではそこそこ咲いていたのも印象的だった。

カンアオイはAsarum nipponicum Fumio Maekawaであるが、当地に自生するものは基亜種の変種としてサンインカンアオイ Asarum nipponicum F. Maekawa ssp.nipponicum var.saninenseとされる。日本海側にはエチゼンカンアオイ A. nipponoicum var. echizen、ハルザキエチゼンカンアオイなどが生息されるとされ、分布の境界が由良川あたりにあると見られているようだ。このあたりの変種は、サンインカンアオイの変種名の著者名もよくわからず、未記載の可能性もあり型ぐらいの違いかも知れない。そういうことで、写真の植物はカンアオイ Asarum nipponicum F. Maekawa と考えている。

2010/01/11

ハキリバチの巣

Img_0099

薪小屋の薪の積み替えも終了して薪を置くスペースができ、久々に天気も良いので、雪はあるが庭に残っている丸太の薪割りをした。

と、写真のような構造物を発見。オトシブミの揺籃のような葉の巻いたものが縦に詰まっている。ハチの仲間の仕業だろうと思って調べてみるとハキリバチの仲間の巣のようだ。こういう「穴」に縦に並べて巣を構築するのはハチのお家芸。泥や木くずで構築するのはよく見かけるが、葉でできたハキリバチの巣は初見。なかなか手が込んでいる。

2010/01/03

「ネズミの糞」はオオゴキブリの糞か

Sa310001_1
写真は2007年6月10日撮影(兵庫県豊岡市但東町)

年末いらい、いろいろと考えている「ネズミの糞」だが、きょう薪小屋で薪を整理していて薪の隙間から多数のオオゴキブリを確認した。どうも、ネズミの巣と思っていたのはオオゴキブリの食痕のようだ。で、あの糞はオオゴキブリの糞っぽい。ま、断定はまだしないけれど、仮説のひとつとしてあげておく。

オオゴキブリは、家にいるゴキブリと違い、森林のゴキブリで、腐った木などを食べている。体色もなんとなくクワガタっぽい黒。家のゴキブリとは貫禄が違う。

2009/12/30

ネズミの糞?

Img_0026

薪積みの隙間にあった謎の物体。大変美しい構造をしている。俵型でちょうど地球の子午線のように白線が6本。ちいろいろと調べてみたがよくわからない。ただ、この糞のまわりには薪をかじった跡などがあり、おそらくはネズミの巣。ということで、ネズミの糞なんだろう。美しい糞である。

2009/12/17

CO2の森林吸収量、日本不利の新ルール有力に

CO2の森林吸収量、日本不利の新ルール有力に

まあ、なんていうか、文字通りルールなわけで、100メートル走がなんで100メートルなのかというのに理由がないのと同じで、合理的根拠を求めてはいけない。私の関心は、そのルールがなにをもたらすかということにある。

今回途上国が推す案では、1990年時点と13年以後のCO2吸収量を比較し、減っていればその差を排出量と見なす。日本では現在、森林吸収量が減っているため、1・5%の排出増になる。鳩山政権は「25%削減」という突出した目標を掲げたが、仮に森林吸収の途上国方式が採択されると、目標は「26・5%」へかさ上げされてしまう。

ということらしいので、もっと間伐ということになるのか、あるいは、皆伐して新植せいということなるのか。再造林は正論ではあるが、シカがおるからなぁ。

ヤマコウラナメクジ(2回目)

Sn3a0168

生涯2度目のヤマコウラナメクジ。2009年12月14日豊岡市但東町奥赤水越にて。岸君(って誰でしょう)が発見。前回は2006年12月19日豊岡市辻にて。おっと、こいつは12月中旬が旬なのか?

ネットで調べるとどうも兵庫県未記録種のようだ。外来種という説もあるみたいだが。

2013.2.13加筆

兵庫県未記録種どころか、模式産地が兵庫県多紀郡天引峠なのでした。

山口昇, 波部忠重, 1955. 日本産ナメクジ類の研究(1). 貝類學雜誌, 18(4): 234-240.

2013.8.16加筆

ノナメクジ(Deroceras)属の一種とみられます(琵琶湖博物館中井克樹氏ご教示)。


2009/11/28

四手井綱英氏ご逝去

四手井綱英氏が亡くなった。97歳かぁ。

私が大学の4回生のときの学長で、卒業証書には学長として四手井氏の名前が入っている。ま、そういうことより、高校のときに林学というものを志すきっかけとなったのも、林学の中で森林生態を専攻するに至ったのも、四手井氏の影響である。学長として大学には来られたものの、作業服姿でうろうろされているのは良く見かけたが、結局、まとまった話をしたこともなく、これといった接点もなく卒業してしまった。

大学は、当時としては比較的活発だった学生会と、大学とのいざこざ収拾のため、そういうことが得意といわれる四手井氏を学長に抜擢したところもあったようだが、林学の牽引者としての四手井氏も活用して欲しかった。

著書はたくさん読んだが、講演も含め話は結局聴かずじまいだった。いまさらながら、残念なことではある。

合掌。

2009/11/27

サンインカンアオイの花期は?

11270001

結局、今週は、インフルエンザで全休。家で怠惰に暮らしているのであるが、夕べの体重は今年最低タイを記録した。さすがに病気だからか、じっとしていて筋肉が落ちてきたのか・・・ということで、ちょっと散歩に。

サンインカンアオイは春咲くのかという問題が提議されていて、秋に花が咲いていないことを確認できれば、秋咲きとなるが、秋に花が咲いていないということが確認できなければ春咲きとはいえない。「○○ではない」ということを立証することは難しいが、とりあえず観察することはできる。

というわけで、カンアオイの咲き具合を見てきた。結果は、蕾が1個見つけられたのみ。あとの株には葉の新芽がみられた。平成16年の台風以降、株数が激減しており、なかなか見つけられないということもあって、数をこなせないところがくるしいところ。反面、新たな産地もできていて消長そのものも面白いものがある。消長については林床の明るさとの兼ね合いもあるようだ。

というわけで、今回は花は確認できず。

2009/11/23

キクガシラコウモリ

11220038

2009.11.22.舞鶴市白屋第三火薬廠跡の覆土式火薬庫にて。目の高さくらいで1頭冬眠中。前腕長60mmでキクガシラコウモリ。

11220041

ほかにもいたが、全部で8頭くらい。


より以前の記事一覧

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense