2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

鳥居停留場


過去に撮った鳥居駅の写真。「鉄道廃線跡を歩くIII」と同様の雰囲気。


2005年撮影。2004年の台風23号被害で辺りの雰囲気がまったく変わってしまった。右の写真に比べてたいへんきれいな感じ。駅遺構ではないのではないかとの意見もあるが、小坂村駅のホームと共通点もある。 地元の人の話では、やはりこれがホーム跡とのこと。


鳥居停車場周辺の衛星写真。四角が停車場、点が路盤。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/44951255

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥居停留場:

コメント

こんばんは。
鳥居駅跡のプラットホームとおぼしきコンクリート擁壁は、
昭和60年の町道改修?で新たに改修されたものです。
鉄道ファンの出石鉄道の記事を見て、
昭和60年11月3日に現地を訪問しましたが
直前に新しい擁壁に改修されており非常に落胆して帰りました。
オリジナルの擁壁は路盤に対し垂直に立つ角度で築造されていたようです。
(現擁壁は少し斜めに立っている)
なお、ホーム盛り土部分は駅現役当時のままのようです。

情報有り難うございます。型枠の状況(Rが付いているのに継ぎ目が一切ない)からも古いものではないという意見が多くありましたが、出石鉄道の平面図と位置が一致するため国府国分寺館学芸員も遺構であると認めていました。町道の工事記録等にあたったほうが良さそうですね。ご指摘ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

他のアカウント

Facebook Other Other Skype Twitter Yahoo! YouTube

葦浦史穂の本


最近のトラックバック

adsense