« 2016.7.2 姫路市書写山をぶらぶら歩きました! | トップページ

2016.7.3 「自由気ままな観察会」IN武庫川 報告書

日時
H28年7月3日
メンバー
4名
コース
阪急宝塚~花のみち~手塚治虫記念館~床材石灰岩化石~クスノキ巨木群~武庫川河川敷左岸~荒神川出合~伊孑志の渡し~大堀川手前~宝塚新大橋~逆瀬川出合~阪急逆瀬川~(生ビール)
  • 河川敷には高水敷と低水敷の植物があり環境も違うので植生も少し違う。また、人為的攪乱や自然災害による攪乱を受ける脆弱な環境で育つ植物たちでもありそのたびに違った種が生育したり、無くなったりしています。
    そのような環境の中でしぶとく生き残る植物たちがいます。イネ科、キク科、マメ科、地下茎が発達する植物たちです。なぜか?これらはそれぞれが生き残りのための戦略を持っているからです。(説明は省略します)
  • コース内で見られる植物は木本を含んで150種程度です。外来種と在来種が半々ぐらいだと推測しています。

20160703kariya

« 2016.7.2 姫路市書写山をぶらぶら歩きました! | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21430/64240641

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.7.3 「自由気ままな観察会」IN武庫川 報告書:

« 2016.7.2 姫路市書写山をぶらぶら歩きました! | トップページ